「令和2年7月豪雨」農林水産関係被害額は約650億円/7月20日現在


「令和2年7月豪雨」農林水産関係被害(7月20日13時30分現在、単位=億円)

「令和2年7月豪雨」農林水産関係被害(7月20日13時30分現在、単位=億円)

江藤拓農相は7月21日の閣議後定例会見で、同日7時現在の「2020(令和2)年7月豪雨」の農林水産被害額を約650億円(40道府県計)と明かした。

農水省のホームページに公表している7月20日13時30分現在の被害状況では、農作物等の被害が810ha・8.2億円、農地の損壊が3,868か所・75.9億円、農業用施設等が3,185か所・109.7億円にのぼっている。

江藤農相は都内のCOVID-19(新型コロナウィルス肺炎)の感染拡大を踏まえ、オンラインで九州の関係者と意見交換を重ねていたが、22~23日には現地を視察する方針だ。

〈米麦日報2020年7月22日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/07/2020-0722-1321-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp