「令和2年7月豪雨」農林水産関係被害額は総額385億円/7月16日正午現在


「令和2年7月豪雨」農林水産関係被害額は7月16日現在で総額385億円

農林水産省は7月17日までに、「2020年(令和2年)7月豪雨」の農林水産関係被害をまとめた。それによると7月16日正午現在の被害額は総額385億円で、これには農作物等被害713ha、7.7億円が含まれている。

また大雨特別警報が出された市町村の防災重点ため池1,992か所すべて調査を完了しており、計5か所の「異常」を発見している。内訳は、佐賀で損壊1か所、熊本で決壊1か所、損壊3か所。ため池関係で人的被害はなかった。だが広島県北広島町の農道1か所で崩落が発生。これにより車両転落事故が発生し、人的被害もあったものの、軽症にとどまっていると報告されている。

農村部の生活インフラへの影響としては、福岡(1町)、長崎(2市)、熊本(1町2村)、岐阜(2市)の農業集落排水施設14か所が被災したものの、応急対策済み。また熊本の2市1町1村の営農飲雑用水施設4か所が被災したものの、全施設復旧済みまたは応急対策済み。

〈米麦日報2020年7月20日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/07/2020-0720-1451-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp