家計調査にみる米の消費支出額の推移、外食に復活の兆し/2020年1~5月動向


家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/全国

家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/全国

COVID−19(新型コロナウィルス肺炎)感染拡大前後で、米の消費支出額がどのように変化したか追った。総務省が毎月発表する家計調査結果から、(家庭)内食(袋精米)、中食(弁当、すし《弁当》、おにぎり・その他)、外食(すし《外食》、和食)の2020年1~5月の前年同月比増減率を、全国、東京都区部、大阪市ごとにグラフにまとめた。

家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/東京都区部

家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/東京都区部

家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/大阪市

家計調査にみる米(米飯類)消費支出額・前年同月比増減率の推移/大阪市

やはり外食は大幅に下落し、3月の消費支出額は、全国で▲23.38%の2,481円(前年同月3,238円、以下同)、東京都区部で▲24.97%の2,962円(3,948円)、大阪市で▲28.71%の3,271円(4,588円)だった。東京都の週末・夜間の外出自粛要請は3月25日、大阪府の週末の外出自粛要請は3月27日と月末であったが、外食にはすでに影響が出ていたことがわかる。

緊急事態宣言が発出された4月には、全国で▲61.03%の1,228円(3,151円)、東京都区部で▲49.85%の1,548円(3,087円)、大阪市で▲77.56%の1,049円(4,674円)と前年同月の半分以下に下落した。特に大阪市は平常時の支出額が全国・東京都区部に比べて高いため、言わば反動で減少幅も大きくなった。

その後、5月に入ると緊急事態宣言は延長され、解除されたのは大阪府が5月21日、全国では5月25日。5月の消費支出額は全国で▲48.53%の1,748円(3,396円)、大阪市で▲63.84%の2,249円(6,220円)と回復に転じた一方、東京都区部はむしろ悪化し▲50.98%の1,734円(3,537円)となった。

中食も在宅勤務が増えたことや、行楽の自粛によって3~4月は全体的に下落している。しかし3月は、全国・東京都区部で前年同月を下回ったのに対し、大阪市は若干ながら上回った。

4月の消費支出額も全国で▲8.66%の2,562円(2,805円)、東京都区部で▲10.54%の3,234円(3,615円)だった一方、大阪市は▲0.47%の2,546円(2,558円)と比較的減少幅が小さかった。だが、5月になると全国・東京都区部は前年同月を上回るほど回復したのに対し、大阪は▲3.25%とさらに下落した。

一方の内食は、これだけ外食・中食が下落しているのにも関わらず、そこまで大きな伸びを見せていない。3月の消費支出額はいずれの地域も前年同月を2ケタ以上上回る数字であったが、4月には東京都区部で▲6.74%の2,035円(2,182円)と前年を下回った。大阪は17.50%増の2,746円(2,337円)と3月より増加したが、全国は12.41%増の2,110円(1,877円)と3月からは減少した。外出自粛による家庭内の需要が増えたとはいえ、パンや麺など他の主食に流れているものと見られる。5月も東京都区部・大阪市で前年同期を下回り、全国も下落傾向となっている。

〈米麦日報2020年7月15日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/07/2020-0715-1017-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp