長保堂が新商品、切り餅で珍しい生産者特定、令和2年産米100%「アグリ紫波の生産者が育てた岩手県産ヒメノモチを100%使った切り餅」


長保堂「アグリ紫波の生産者が育てた岩手県産ヒメノモチを100%使った切り餅」

長保堂「アグリ紫波の生産者が育てた岩手県産ヒメノモチを100%使った切り餅」

(株)長保堂(神奈川県川崎市、森祥行代表)は2020年10月、新商品「アグリ紫波の生産者が育てた岩手県産ヒメノモチを100%使った切り餅」を発売する。400g、標準小売価格500円(税別)。

(株)アグリ紫波(高橋利明代表)とは、岩手中央農協が出資した生産法人。その名の通り、切り餅では珍しい「生産者の顔が見える」商品で、これも切り餅では珍しく当年産米を使用する。発売開始から年内いっぱいまで「令和2年産米100%使用」のアイキャッチシールを貼付する予定だ。

(株)長保堂は1963年(昭和38年)創業の包装餅・米菓製造販売業者。2017年(平成29年)から(株)むらせ(神奈川県横須賀市、村瀬慶太郎社長)の傘下に入っている。

〈米麦日報2020年7月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/07/2020-0710-1437-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp