“串カツ宮迫”「真鯛カツ」発売、YouTuber・宮迫博之さんが串カツ田中社長に直談判


“串カツ宮迫”で「真鯛カツ」発売

“串カツ宮迫”で「真鯛カツ」発売

“串カツ宮迫”に7月10日から新メニュー「真鯛串カツ」(税別250円)が登場する。

現在はユーチューバーとして活動しているお笑い芸人・宮迫博之さんは、「串カツ田中」によるクラウドファンディングのリターンとしてネーミングライツを取得。

串カツ田中は7月1日からの1か月間、全店舗や公式サイトを“串カツ宮迫”に改名して営業し、宮迫博之さんのたこやき店「みやたこです」(東京・五反田)とコラボした「みやたこ」(9個、税別480円)や、「宮迫の素ハイボール」(税別399円)、「宮迫和え」(税別350円)などの期間限定メニューを販売している。

“串カツ宮迫”期間限定メニュー

“串カツ宮迫”期間限定メニュー

また、限定メニューの購入者には、“はずれなし”のスクラッチくじ「宮くじ」で串カツ宮迫のオリジナルグッズ「オリジナルジョッキ」「アクリルキーホルダー」「ステッカー」のいずれかをプレゼントするサービスを展開している。

“はずれなし”のスクラッチくじ「宮くじ」でプレゼントする「オリジナルジョッキ」「アクリルキーホルダー」「ステッカー」

“はずれなし”のスクラッチくじ「宮くじ」でプレゼントする「オリジナルジョッキ」「アクリルキーホルダー」「ステッカー」

さらに今回、串カツ田中を運営する株式会社串カツ田中ホールディングスの貫啓二社長に宮迫博之さんが“直談判”する形で、新メニュー「真鯛カツ」の発売を実現した。

宮迫さんは“愛媛県愛南町養殖真鯛アンバサダー”として活動しており、Youtubeの公式チャンネルで真鯛の養殖について紹介しているほか、全国のスーパーなどの店頭では、パッケージに宮迫さんの写真を使用した鮮魚などの商品が販売されている。今回の「真鯛串カツ」に使用する“ふかうら真鯛”は、愛南町の安高水産が生産する養殖真鯛。最高の漁場と最高のエサで育てられ、養殖魚独特の臭みが少ない綺麗な白身で、脂が乗った身には甘みがあり、プリプリとした食感と旨味を楽しめるという。

なお、今回の「真鯛カツ」も、他の期間限定メニューと同様、スクラッチくじ「宮くじ」の対象となる。

◆宮迫博之さんによる“直談判”のYouTube動画「串カツ田中に革命を起こす! ないなら作っちゃえば良いじゃん!」
https://www.youtube.com/embed/wn2gzQkYtLs

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/07/2020-0710-1208-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp