「東京焼肉平城苑」錦糸町にオープン、スカイツリーと夜景を一望、限定メニュー「ざぶんすき」提供


「東京焼肉平城苑 錦糸町駅前プラザビル店」限定メニュー「ざぶんすき」

「東京焼肉平城苑 錦糸町駅前プラザビル店」限定メニュー「ざぶんすき」

株式会社平城苑は7月3日、「東京焼肉平城苑 錦糸町駅前プラザビル店(以下、平城苑 錦糸町店)」をオープンした。7月2日には内覧会が開催された。

「平城苑 錦糸町店」は、錦糸町駅から徒歩2分のプラザビル7階にあり、東京スカイツリーが見える個室や夜景を一望できるテーブル席を用意している。内装はプロデザイナー道下浩樹氏監修のもと、ラグジュアリーで重厚感のある落ち着いた雰囲気を演出。同店は国内30店舗目、ラグジュアリーラインの店舗としては4例目となる。

「平城苑 錦糸町店」テーブル席

「平城苑 錦糸町店」テーブル席

平城苑は1970年に東京・足立区に1号店をオープンし、2020年12月で50周年を迎える。創業当初から牛一頭をまるごと買い付ける“一頭買い”にこだわり、厳選したA5等級の和牛・国産牛を、自社工場でじっくりと熟成させてから提供している。今回オープンする「平城苑 錦糸町店」では、店舗限定メニューとして、希少部位「ざぶとん」とトーストを卵で絡めた「ざぶんすき」を提供する。

錦糸町店限定メニュー「ざぶんすき」は、ガーリックバターをしみこませた一口サイズの食パンを網で焼き、焼いたざぶとんを巻くようにして包み、卵黄を絡めて食べるもの。従業員が客席で焼いて提供する。卵は愛知県渥美半島の「まんげつ濃厚卵」を使用。希少部位を使っているため数量限定となる。価格は1人前1,400円(税別)。なお、「ざぶんすき」に追いバターした「超ざぶんすき」もコース限定で提供するという。

平城苑 錦糸町店・田中直樹店長は、「座席は56席と広くゆったり座れるよう配備した。ありがたいことにオープン後の数日間は、予約でディナーがほぼ満席となっている。ターゲットは30代~50代の男女としているが、子ども連れの家族や若い人からの予約も多い。錦糸町は焼肉激戦区だが、月の売上目標1800万円を12月までに達成したい」とした。

平城苑では、新型コロナウイルス感染症予防対策として、従業員の体調管理やマスク着用を徹底しているほか、無煙ロースターやエアダクトによる常時店内の空気入れ替え、来店時のアルコール消毒のお願いや検温の実施、店内消毒の強化、メニューやタレなど備品の消毒・除菌などを実施している。

「平城苑錦糸町店」店舗概要

「平城苑 錦糸町店」入口

「平城苑 錦糸町店」入口

◆住所
東京都墨田区江東橋 3-8-7錦糸町駅前プラザビル 7F

◆アクセス
地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩2分、JR錦糸町駅 徒歩3分

◆席数
56席

◆営業時間
11時~23時30分(ラストオーダー 23時)
ランチ 11時~15時

◆定休日
不定休日あり(定休日はビルの休業日に準じる)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/07/2020-0703-1630-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp