家庭用ごま油が活況、巣ごもり需要加わり、使用量増え大容量も躍進


販売店のごま油コーナーの様子

家庭用ごま油が活況(画像はごま油売り場の様子イメージ)

家庭用ごま油市場が活況を呈している。3~6月は、ごま油専業メーカー、大手製油ともに売り上げを大きく伸ばした。家庭用ごま油市場は、近年、ヘルシーオイルとしての側面に加えて、風味油として人気が高まり、堅調に推移してきた。これに巣ごもり需要が加わった。一方、コロナ禍で市場が打撃を受けた業務用は落ち込んだ。

ごま油POSデータ(KSP-SP社提供、全国のスーパー、生協など1,034~1,037店が対象)によれば、3月は販売金額で前年比21.8%増、販売数量13.8%増、4月は金額45.7%増、数量33.0%増、5月は金額37.6%増、数量22.3%増となり、高い伸びが続いた。

ごま油のタイプ別では、純正ごま油、調合ごま油、NB商品、PB商品ともに伸長した。中でも、純正ごま油より価格が安く、商品名で健康・ヘルシーを訴求している調合ごま油の伸び率が特に高かった。調合ごま油の一部商品で、休売、欠品も見られた。容量では、600gの大容量が大きく伸びた。従来からのごま油利用者の使用量増加によるものと見られる。一方で、トライアルに適した小容量も伸びた。

6月の家庭用ごま油市場は、「5月までと比べると鈍化しているものの、依然として2ケタ伸長が続いており、他の油カテゴリーより高い推移」(大手製油)と、好調に推移している。

〈大豆油糧日報2020年7月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/07/2020-0703-1448-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp