ニューヨーク発「サラベス」オリジナルトートバッグを20%オフ特価販売、レジ袋の有料化に伴い開始


サラベス「カラーキャンパストート」

サラベス「カラーキャンパストート」

株式会社WDI JAPANが展開するレストラン「Sarabeth’s」(サラベス)は、7月1日からオリジナルトートバッグ全品を、定価から20%オフの特別価格で販売開始した。8月31日までの期間限定。

今回のトートバッグ割引販売は7月1日から開始した経済産業省「プラスチック製買物袋有料化制度」によるレジ袋の有料化に伴い実施するもの。「サラベス」でも環境保全の取り組みを目的として同日からレジ袋を小5円・大10円での有料提供を開始し、マイバッグの持参を呼びかけている。

サラベスが販売しているオリジナルトートバッグは、「カラーキャンパストート」(赤・紺・緑・グレーの全4色、店舗により取扱いが異なる)、「白厚地キャンパストート」、食材やお弁当を入れるのに適した「デニム地 保冷トート」の全3種。いずれも「サラベス」のロゴマークを中央に配し、シンプルながらスタイリッシュな雰囲気を醸し出している。WDI JAPANはサラベスのトートバッグについて、「エコバッグとしてだけでなく、カジュアルなメインバッグ、サブバッグとしても重宝する」としている。

「カラーキャンパストート」 は定価1,300円のところ特別価格1,040円、「白厚地キャンパストート」は定価1,800円を特別価格1,440円(以下、税込価格)、「デニム地 保冷トート」は定価1,800円を特別価格1,440円の、各20%引きで販売する。

なお、「サラベス」はニューヨーク出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981年、ニューヨークのアッパーウェストサイドに創業した。家族に伝わるレシピで作るフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)をはじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクト、ワッフルなど伝統的なアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいが人気。現在はアメリカに11店舗、ドバイ1店舗、ソウル1店舗、台湾2店舗、日本国内5店舗を展開している。

「サラベス」国内店舗

◆ルミネ新宿店(東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2 2F、JR新宿駅 南口徒歩1分)
◆品川店(東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 4F、JR品川駅 港南口徒歩3分)
◆東京店(東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング南館 2F・3F、JR東京駅 八重洲北口徒歩2分)
◆名古屋店(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 1F)
◆大阪店(大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ B1F、JR大阪駅直結)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/07/2020-0701-1640-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp