すき家 テイクアウト用レジ袋無料を継続、バイオマス25%以上配合に変更、オリジナルエコバッグ販売も


すき家

すき家がテイクアウト用レジ袋無料を継続(画像はイメージ)

牛丼チェーン店「すき家」は7月1日以降、持ち帰り用レジ袋を植物性バイオマス素材25%以上配合のレジ袋へ変更し、無料提供を継続する。

同日から実施される「プラスチック製買物袋有料化制度」において経済産業省は、「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」は石油資源の節約やCO2削減につながるため、有料化の対象外としている。

「すき家」では、バイオマス素材の認証マークを表示した新しいレジ袋を導入し、従来通りレジ袋の代金を無料として商品の販売を行う。

また、すき家は7月7日から、「すき家オリジナルエコバッグ」(税込700円)を先行店20店舗にて販売する。不適切なプラスチックごみの廃棄が世界的に深刻な問題となる中、全国に店舗を展開する牛丼チェーン店としてその削減に取り組むために展開するもの。

保温効果があり、マチ付きのため商品が倒れにくく、温かい牛丼の持ち帰りに適しているという。幅16cm×横43.5cm×高さ35cmで、牛丼弁当とみそ汁が2個ずつ入る大きさ。各店10個限定で売り切れ次第終了。エコバッグ1個につき、すき家で使える300円分のクーポンが付く。

エコバッグ販売店舗は以下の通り。

◆東京都
大山東町店、大田南六郷店、目黒駅東口店、二子玉川駅前店、末広町店、高田馬場駅北店、府中店、溜池山王店、赤坂六丁目店、虎ノ門四丁目店

◆長野県
安曇野IC店、長野南店

◆静岡県
301号湖西店、静岡安西店、裾野二ツ屋店、沼津原町中店、152号浜北内野店

◆山梨県
甲府国玉店

◆富山県
富山豊田店

◆石川県
羽咋石野町店

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/06/2020-0622-1738-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp