夏越ごはん、百貨店や塾弁にも取り組み拡がる/米穀機構


塾弁が学習塾などに配布する「夏越ごはん」

塾弁が学習塾などに配布する「夏越ごはん」

米穀機構が新行事食として提唱している「夏越ごはん(なごしごはん)」は、さらに広がりを見せている。ポスターの掲示やパンフレットを配布する協力神社は過去最高の110社(2019年は100社)となり、今年は米売り場や全国200か所の郵便局も協力した。

また、大阪のお好み焼き・鉄板焼店から“ご当地”夏越しごはんが登場し、昨年に引き続き多くの外食店舗やスーパーマーケットで「夏越ごはん」関連のメニューを販売している。

〈関連記事〉夏越ごはんに大阪“ご当地”「ねぎとろろ夏越ごはん」登場、協力神社は過去最高数に/米穀機構
https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/06/2020-0608-1339-14.html

2019年はそごう千葉店が百貨店として初めて加わり、6月30日まで食品・惣菜の4店舗で商品を展開するほか、学習塾に通う子どものための「塾弁」も初参加。弁当の調理・配達を行うFCN(株)(東京都中野区)協力のもと、6月30日に都内の学習塾など約30施設に「夏越ごはん」弁当を配布する。弁当には手作りふりかけをかけた雑穀ごはんと、茅の輪をイメージした夏野菜の丸いかき揚げが入っており、「夏越ごはん」の由来を説明する手紙を沿えるとのことだ。

JR線7駅(東京、品川、上野、新宿、大宮、大船、小田原)では8月31日まで「夏越しごはん弁当」を販売。「茅の輪」をイメージしたちくわやキュウリを使用し、夏の旬を楽しめるメニューとなっている。

昨年6月30日に赤坂氷川神社で行われた「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」の際には、参拝者にミニサイズの「夏越ごはん」を無償配布したが、今年はCOVID-19(新型コロナウィルス肺炎)の感染拡大を鑑み、実施しないとしている。

〈米麦日報2020年6月30日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/06/2020-0630-1443-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp