西京味噌、京都・綾部工業団地に新「丹波醸房・綾部工場」竣工、8月稼働開始へ


西京味噌、綾部工業団地に新「丹波醸房・綾部工場」竣工

西京味噌、綾部工業団地に新「丹波醸房・綾部工場」竣工

次世代につなげるグローバル基準のみそ造り、国内外の多様なニーズに応える

「西京白みそ」ブランドの老舗、西京味噌(京都市上京区、本田茂俊社長)は、京都府綾部市の工業団地に新「丹波醸房・綾部工場」を建設し、8月から稼働を開始する。同団地内の現「丹波醸房・綾部工場」を新築移転するもの。

24年ぶりとなる新工場は、白みそ発祥の地である京都の地域特性を活かしながら、HACCPに準じた一層高度な衛生管理を行い、環境への負荷を軽減させ、働く人や自然・地域にやさしい「次世代につなげるみそ造り」の生産拠点と位置づける。また、グローバル基準のみそ造りにより、国内外の需要にスピーディに応える。

同社では、食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」の認証を取得し、安心・安全な商品を提供してきたが、需要の増加に伴い、高効率の設備導入や今後の拡張性が課題となっていた。新工場では、HACCP手法を用いた衛生管理の下、伝統的な醸造技術をより高度に活用する最新設備を導入し、グローバル基準のみそ造りを行う。

生産能力は約1.5倍へ増強、開発・生産・発送までを一貫してスピーディに

新工場の生産スペースは現工場の2倍となり、生産能力は現状の約1.5倍への増強が可能となった。生産スペースに加えて、開発スペースも2倍に拡張。ユーザーの要望には、打ち合わせ(営業)から試作提案・改良(研究開発・品質管理)、本生産(製造)までを直結させて応える。和食の広がりと共に世界的にみその需要が高まるなか、多様なニーズを捉えた高度な提案や課題解決を行う。

また、綾部流通センターが隣接していることで、開発・生産・発送までを一貫してスピーディに行う体制を整えた。

環境への配慮では、工場排水から生産するバイオ再生エネルギーを利用する。UASB方式嫌気性処理装置「TROLL」により、工場排水をバイオガスと二酸化炭素に分解し、バイオガスをエネルギーとして利用することで、廃棄物を減らして環境負荷の低減を実現する。工場内は、快適な環境を維持する空気の循環システムを構築し、空調機器などを使わずに一定の温度が保てるように管理する。

バイオ再生エネルギー施設

バイオ再生エネルギー施設

職場環境では、女性や高齢者でも負荷なく現場作業ができ、働く人が誇りを持ち、多様な意見やアイデアを出し合える環境作りを目指した。同工場従業員の半数が女性であるという構成を踏まえ、「ワークプレイス」の考えを設計に取り入れた。研修室としても利用可能なホールに加え、グループミーティングにも活用できる食堂や更衣室、卓球場(リラックスルーム)など、働く人が気持ち良く過ごせる環境も整えた。

グループミーティングにも活用できる食堂

グループミーティングにも活用できる食堂

新「丹波醸房・綾部工場」概要

▽所在地=京都府綾部市とよさか町12-2
▽規模=敷地面積31,462平方メートル、総床面積9,055平方メートル、鉄骨造地上3階建
▽生産品目=みそ、みそ加工品、受託生産。
 
〈大豆油糧日報2020年6月22日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/06/2020-0622-1510-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp