“渋谷を再びサラダで満ちあふれた街に”キユーピー社員がオリジナルの「#シブサラ」考案


キユーピー社員考案「おつまみ系#シブサラ」

キユーピー社員考案「おつまみ系#シブサラ」

キユーピーは“渋谷をサラダで満ちあふれた街にしたい”という思いから2016年に「#シブサラ」を考案し、渋谷区の商店街や商業施設を中心にイベントの展開やメニュー導入を図ってきた。2020年は新型コロナウイルス感染症により、予定していた「#シブサラフェア」が延期・中止を余儀なくされた。このような状況のなか、キユーピー東京支店の社員が中心となってオリジナルの「#シブサラ」を考案し、その一部を紹介している。

「#シブサラ」は、「渋谷の“谷”をイメージした盛り付け」「大胆に具材をスクランブルしながら食べる」「店舗こだわりの食材と野菜の組み合わせ」の3つの定義から成るキユーピー考案のサラダ。

オリジナルの「#シブサラ」として、入社14年目の女性社員は「おつまみ系#シブサラ で、ひとりの食事もバランスよく」をテーマに、生ハムやくるみ、アボカドなどを組み合わせたおつまみに最適なサラダを考案した。さっぱりと食べられる「キユーピー レモンドレッシング」と相性がよいという。

入社24年目の女性社員は「変身系#シブサラ で、食育も兼ねて楽しく調理」をテーマに、野菜アートでカリフラワーやピーマンを使って渋谷の「忠犬ハチ公」表現し、周りにはニンジンやミニトマト、ブロッコリーなどを鮮やかに盛り付け、中央に「キユーピー コブサラダドレッシング」を置いている。子どもと一緒に楽しく盛り付けたことで、食育の機会にもなったという。

入社12年目の女性社員は「巣ごもり生活にビタミンを! フルーツ系#シブサラを舌と目で楽しもう」をテーマに、トマトやキウイ、アボカド、薄切りの新玉ねぎを、赤・黄・緑の彩りでカプレーゼ風に盛り付けている。「キユーピー オリーブオイル&オニオンドレッシング」がよく合うという。

緊急事態宣言が解除され、街に人が戻りつつある。これまで、休業や営業縮小を余儀なくされた外食店、商業施設に対し「私たちに今できることは?」と考えた末、今回の企画が生まれたという。「ニューノーマル」における、新しい「#シブサラ」のあり方を考えながら、サラダで満ちあふれた渋谷を取り戻すことを目指している。

◆キユーピー「#シブサラ」サイト
https://www.kewpie.co.jp/shibusara/

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2020/06/2020-0617-1733-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp