ゴンチャ“Japanese Tea”「ほうじ茶 ミルクティー」「玄米茶 ミルクティー」発売、毎年好評の日本オリジナルメニュー


ゴンチャ“Japanese Tea”「ほうじ茶 ミルクティー」「玄米茶 ミルクティー」

ゴンチャ“Japanese Tea”「ほうじ茶 ミルクティー」「玄米茶 ミルクティー」

株式会社ゴンチャ ジャパンは6月17日から、毎年好評の日本オリジナルメニュー“Japanese Tea”として、「ほうじ茶 ミルクティー」「玄米茶 ミルクティー」を、ゴンチャ(Gong cha、貢茶)全店で販売する。

ゴンチャは2018年から、日本オリジナルで開発したメニュー“Japanese Tea”を、毎年期間限定で販売してきた。国産の茶葉を使い、製法にも拘った本格的な香りと味わいを楽しめる人気メニュー。

「ほうじ茶 ミルクティー」「玄米茶 ミルクティー」は、どちらも、この季節しか味わえない日本オリジナルのメニュー。アイス/Mサイズのみの提供。

「ほうじ茶 ミルクティー」Mサイズ470円(以下税別)は、ゴンチャ”Japanese Tea”の象徴的なメニューで、2種類の国産茶葉(一番茶の棒ほうじとカブセ茎茶)をブレンドしている。焙煎には、ほうじ茶製造の希少な砂炒りほうじ機を使用し、甘みと旨味が強い味わい深いほうじ茶に仕上げた。「ミルクフォーム」(+70円)をトッピングすることで、より濃厚なミルクティーを楽しめるという。

「玄米茶 ミルクティー」Mサイズ470円は、玄米茶をカジュアルにミルクティーで提供するという試みで、お茶と玄米の香り・味わいを最大限に引き出したミルクティーを目指して開発した。国産玄米と静岡県産茶葉を8:2の配合でブレンドすることで、玄米の香ばしい香りと茶葉本来の旨味を味わえるミルクティーに仕上げた。おすすめのトッピングは、「タピオカ」(+70円)だという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/06/2020-0617-1335-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp