マルサンアイが中期経営計画「クリエイト2023」発表、豆乳は業務用を拡大、液状みそ、第3のミルクを強化


サンプル

マルサンアイはこのほど、2021年度(2021年9月期)から2023年度までの3カ年を対象とした中期経営計画「クリエイト2023」を発表した。同社では、経営環境の変化などに柔軟に対応するため、ローリング方式により中期経営計画を適宜改定している。事業計画では、豆乳の増産体制を確保し、業務用を強化する。また、液状みそと第3のミルク、豆乳グルトを含むチルドを強化する。

基本戦略として、
〈1〉基幹事業の拡大と3ド(鮮度・チルド・アーモンド)+バルク、海外への挑戦
〈2〉中長期を見据えた独自開発、技術力強化・伝承
〈3〉食品・安全方針、品質方針の実行
〈4〉ローコスト体質強化で収益力向上
〈5〉働き方改革、人材活躍の推進
〈6〉持続可能な開発と企業活動(SDGs対応)
――を掲げる。これらにより、企業ブランドの向上を図る。

財務戦略では、
〈1〉売上高300億円以上に向けて拡大
〈2〉営業利益率4%以上に向けて向上
〈3〉投資と資本政策を支えるキャッシュフローの創出
――の3つを掲げる。

事業計画では、豆乳事業において業務用を拡大し、豆乳出荷比率を最終年度で4%に引き上げる。みそ事業は液状みその多様化を図り、即席業務用、調理業務用の展開を目指す。飲料は第3のミルクを強化し、売上比率を高めるほか、次世代ミルクを発売し、最終年度に事業化を目指す。チルドは、新拠点の稼働を含め増産体制を確立させるほか、新素材の開発により製品の多様化を図る。海外は引き続き売上比率の拡大を図る。

生産設備では、豆乳の増産体制を確保するため、2021年度にバルク工場の稼働、2022年度に豆乳1ラインの増設準備を進め、23年度に稼働を計画している。

〈大豆油糧日報2020年6月15日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/06/2020-0615-1530-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp