マルコメ君「DJ MARUKOME」が北野エースと初コラボ、大豆ミート・みそ入りのレトルトカレー発売


「読めるスパイスカレー」

「読めるスパイスカレー」

「LINE RECORDS」所属のマルコメ君のアーティスト活動「DJ MARUKOME」が、食品専門店「北野エース」を展開するエースと初コラボした。

「北野エース」のカレー売り場「カレーなる本棚」の10周年を記念し、読み物を同封したレトルトカレー「読めるスパイスカレー」(180g、398円)を6月9日から、北野エースと同店のウェブショップで販売開始している。

パッケージに印刷されたQRコードからLINE MUSICのプレイリストにアクセスすることで「聴ける」カレーにもなるという。数量限定で「DJ MARUKOME」ステッカーも封入し、「貼れる」カレーとしても楽しめる。

肝心の味にも自信を見せており、マルコメの「大豆のお肉」を使用したほか、10種類のホール、粗挽きスパイスや、じっくりソテーした国産たまねぎ、隠し味にこだわりの美麻高原蔵二年みそを使用した、トマトベースのインドカレー風に仕上げている。

カレーを食べながら「読めるコンテンツ」は、「DJ MARUKOME」ならではの「音楽」と「発酵」を掛け合わせたテーマで、不定期に更新していく。第1弾は、タブラ奏者として活躍するユザーン氏による「発酵する楽器」となっている。第2弾、第3弾も決定しており、第2弾はショート作家・田丸雅智氏(8月5日)、第3弾は漫画家・豊田悠氏(2020年下旬)のコンテンツが配信される予定だ。

QRコードからLINE MUSICのプレイリストにアクセスすることで「聴ける」楽曲は、「カレーを食べながら聴きたい曲」として「DJ MARUKOME」がセレクトしたプレイリストが用意されている。

〈大豆油糧日報2020年6月12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/06/2020-0612-1625-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp