「串カツ田中」ソースを“かける”方式に変更、“新しい生活様式withコロナ”対応で


「串カツ田中」がソースを“つける”方式から“かける”方式に変更、“新しい生活様式withコロナ”対応で

「串カツ田中」がソースを“つける”方式から“かける”方式に変更、“新しい生活様式withコロナ”対応で

串カツ田中は6月12日から全店舗で、ソースの提供方法を、これまでの串カツをソースに“つける”提供方法からソースディスペンサーで串カツへ“かける”提供方法に変更する。

従来、容器につける形で行っていたソースの提供を、注文後、ソースディスペンサーで人数に応じて提供する形に変更する。ただし、従来の提供方法を希望する人には、ソースディスペンサーと空き容器を提供する。また、お通しキャベツの提供方法は変更しない。

ソース提供方法変更で、新しい生活様式に対応

今回の変更は、新しい生活様式に対応し、より新型コロナウィルス感染予防を徹底することで、これまで以上に安心して利用してもらうことを目的としたもの。

串カツ田中は、これまで串カツを“日本を代表する食文化の一つ”とすることを目標に掲げ、特徴であるソースの二度づけ禁止を推奨。以前から、衛生面を考慮し、来店グループごとに新しくソースを提供し、利用後は使いまわすことなく廃棄していた。

一方で、先日政府から発表された新しい生活様式の内容を受けとめ、串カツをソースにつける提供方法の見直しも検討。その結果、これまで以上に安心感をもって串カツを楽しむために、串カツにソースをかける新しい提供方法への変更を決定した。

串カツ田中は、「これからも状況に合わせたサービスと創意工夫をつづけ、串カツ文化を広げてまいります」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/06/2020-0612-1418-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp