はくばくが“もち麦”の継続摂食で試験、「排便量が増加し肌状態が改善」


「もち麦ごはん」イメージ

もち麦ごはん(イメージ)

(株)はくばく(長澤重利社長)は6月3日、「もち麦ごはん」の継続接触による「排便量」と「肌状態」への影響について、研究結果を発表した。

2020年1~2月、46名を対象に、1日2回、4週間継続摂食し試験を実施。その結果、排便については、排便量の有意な増加を確認し、排便頻度も増加する傾向にあったという。また、腹囲も有意に減少したという。

肌状態は被験者全体でキメの点数に有意な増加がみられたという。キメは肌表面に刻まれた細かな紋様のように見える凸凹のこと。「便通が良くない状態にある時は、腸内で腐敗産物を吸収してしまい、血流によって肌に届いてしまうことが肌荒れ等の原因とされている。排便状況が改善されたことにより、腸内で吸収された栄養成分が肌に届いたことで肌状態が改善されたのではないかと考える」(はくばく)。

〈米麦日報2020年6月5日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/06/2020-0605-1152-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp