〈需要俯瞰〉米穀機構2020年5月DI、新型コロナ特需は一足先に“終息”


米穀機構令和2年5月DI、COVID−19特需は一足先に“終息”

米穀機構は6月4日、「5月の米取引関係者の判断に関する調査結果」を公表した。4月分はCOVID−19(新型コロナウィルス肺炎)の感染拡大により中止となったため、3月分と比較している。

需給DIは現状が3月から1ポイント下落の「33」、見通しが「30」で3月からほぼ横ばいとなった。価格DIは現状が3月から6ポイント下落の「59」、見通しが4ポイント下落の「35」で、ともに下落傾向。また、業態別の「販売数量」は、現状が全業態で減少または大幅な減少となった。

〈需要俯瞰〉米穀機構令和2年5月DI、COVID−19特需は一足先に“終息”

3月はCOVID−19による特需があったが、家庭内の在庫が積み上がり、需要が萎んだと見られる。一方、DI判断時の考慮要因は「消費者の動向」が3月から5ポイント上昇の「33%」で、2011(平成23)年11月(34%)以来の30%超えで、引き続き消費の動きに注目が集まっている。
 
〈米麦日報2020年6月5日付〉

〈需要俯瞰〉米穀機構令和2年5月DI、COVID−19特需は一足先に“終息”

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/06/2020-0605-1143-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp