日本酒「いづみ橋」の泉橋酒造、コロナ禍で打撃もネット活用と新商品が奏功、反転攻勢へ/橋場社長インタビュー


泉橋酒造 代表取締役・橋場友一氏

泉橋酒造 代表取締役・橋場友一氏

泉橋酒造(神奈川県海老名市下今泉)の銘柄「いづみ橋」は、神奈川県を代表する地酒のひとつだが、このコロナ禍で、大きな打撃を受けていることは他の酒蔵と同様だ。緊急事態宣言下にあった4月は「当社は卸部門で約7割を占めるが、そこが3分の1になった」。しかし全体の売上は半分に抑えた。その理由を「近年、販売業態と販売方法の間口を広げてきたことと、ここの時期に、ちょうど、新商品の発売が重なったことで、助けられた感がある」と話す。

まずは、ネットショップ(通販)の売上だ。実に平年の1年間分の5割を4月だけで売ったという。毎土曜日に開催を続けてきた蔵見学会が財産となった。リストをもとに、2月に「とんぼメールクラブ」を立ち上げていた。「ここからメディア的に日本酒を発信していこうと思っていた。実際は当社製品を購入してもらう場になってしまっているが」と笑う。

折から、SNSでの組織化も進めていた。Facebookのフォロワーは1万人いて、そこからYouTubeの公式チャンネルに誘導できている。4月10日には、例年なら「甑倒し」(お米の蒸し器である甑を仕舞うこと。その季節の造りの終了を意味する、おめでたい日)を社員で祝うのだが、2020年はYouTubeでライブ配信した。密集をさけるため、宴会は中止となったが、「蔵人とトークセッション」も行うことで、大いに盛り上がったという。

次の「偶然」が、秋冬だけでなく、蔵の稼働率を上げるために、日本酒以外の開発・製造に取り組んでいたことだ。まずは同社初の単式蒸留焼酎の製造。昨年5月に製造免許を取得していた。4月13日に、粕取り焼酎「あますことなく」の初リリースにこぎつけた。タイミングは悪いといえば悪いが、折しも厚労省の規制緩和を受けて、すぐに医療用向けの限定スピリッツ免許を取得し、焼酎原酒を、医療用高濃度エタノールに再蒸留。海老名市の要請を受ける形で、市に販売した。

次に、2年前から準備してきて、こちらも5月に正式発売にこぎつけたノンアルコールの「糀甘酒」だ。非アルコール商品で、顧客の層が拡がり、食品としての新たな取引が増えた。また、医療用エタノールとの関連で、介護施設や、保育園など、今まで「酒」ではつながりを持てなかったルートの開拓も見えてきた。

無論、以上のことは、ただの「偶然」ではない。経営努力に裏打ちされてこそ「運」を手繰り寄せたのだ。4月を底と考えれば、6月からの反転攻勢が見えてくる。

2016年7月に海老名駅近くにオープンした直営レストラン「蔵元佳肴 いづみ橋」も6月2日に再開する。輸出も発注が始まっている。6月7日には、人数を絞ってだが、恒例の自社の圃場での田植えイベントも行う。「コロナに負けないで頑張ろう、気持ちだけはポジティブに」と溌溂と前を向く。

泉橋酒造

安政四年創業、橋場友一社長は六代目にあたる。「酒造りは米作りから」を掲げて、原料の米作りから醸造まで一貫して手掛ける「栽培醸造蔵」だ。麹を手づくりとしていること、生酛造りを中心としていること、搾りも伝統的な槽(フネ)で行っていることなど、日本伝統の酒造りを墨守しつつ、かつ年間1,000石という決して少なくない量を生産し、県内外に出荷するという、稀有な酒蔵である。

〈酒類飲料日報2020年6月2日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/06/2020-0602-1527-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp