家庭用バター不足解消へ、業務用を量販店で販売し対応


家庭用バター不足解消へ(画像はイメージ)

家庭用バター不足解消へ(画像はイメージ)

新型コロナによる外出自粛、内食需要の高まりで、過去に例を見ないほど消費量が急増した家庭用バターが、欠品・品薄状態からようやく解消される。5月27日、農水省牛乳乳製品課が、業務用のポンド(約450g)バターをスーパーで販売するなど、供給を増やしていくことを発表(バターは輸入量や価格水準が厳しく管理される国家貿易品目)したためで、各店のバター欠品率は徐々に改善していく見通しだ。

家庭用の国産バターは、約9割が北海道で生産されており、生産メーカーが限られ生産能力も限られる。消費量は、最需要期がクリスマスのある12月で月間消費量は約2,000t、通常5月ごろの消費は1,400t程度だが、今年5月は、外出自粛により家庭内で食事をしたり、パンや菓子を作る機会が増えたことで、いつもの時期の1.5倍程度、月間2,200t位に跳ね上がった。

生産現場では国の要請もあり、3月の全国一斉休校、4月の飲食店の営業休止で行き場を失った牛乳・乳製品向けの生乳を、バター生産に回し急きょ増産(3〜4月生産量は前年比31.6%増、農水省データ)、工場も製造設備をフル稼働、日々スーパーに向けて出荷したが、それでも過去に例がないほど膨れ上がった需要をまかないきれず、欠品を起こしてしまったわけだ。

農畜産業振興機構の酪農乳業部によると、4月24〜26日行った、スーパー100店(京浜52店舗、京阪神48店舗)のバターの店頭調査では、バターの陳列がなかった店が100店舗中、31店、(京浜37%、京阪神25%)。また「お1人様1点限り」など店舗告知している店は26%(京浜35%、京阪神17%)だった。

4月27日〜5月3日の販売状況(対象店舗約850店)については、1店舗当たりのバター販売が、重量ベースで前年同期比44.6%増の9.46kgとなり、2.92kgも増えていたことが分かった。

バター消費の急増は、家でパンや菓子を作る機会が増えたことが最大の理由ではあるが、今年3月にテレビ番組で免疫力アップが期待される食品の一つに、バターが取り上げられ、放送直後、一部スーパーで品薄になるなど、4月に入る前の段階で消費量のベースが例年より若干上がっていたことも背景にある。

家で作ったパンケーキが予想以上においしく出来たなど、新型コロナを機に強まる内食需要、菓子作りの機会が、今後ますます強まる節約志向の中で、極端に減ることなく、生活の変化とともにある程度定着していくものとみられ、品薄解消後のバターの消費動向に注目だ。

なお業務用ポンドバターとは、家庭用バターの約2倍の大きさ、主に約450g(1ポンド)の冷蔵保存のバターで、レストランなどの外食業界、製菓・製パン業(洋菓子店、パン小売店など)で使われている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2020/06/2020-0601-1643-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp