やよい軒、名古屋名物「ひつまぶし定食」発売、宮崎の郷土料理を使った「冷汁ととり天の定食」も


やよい軒「冷汁ととり天の定食」「ひつまぶし定食」発売

やよい軒「冷汁ととり天の定食」「ひつまぶし定食」

株式会社プレナスは6月2日から、同社が展開する定食レストラン「やよい軒」で、夏のスタミナ源として親しまれているうなぎを楽しめる名古屋名物「ひつまぶし定食」1,290円(以下税込)と、宮崎の郷土料理である冷汁にとり天を組み合わせた「冷汁ととり天の定食」890円を発売する。

「ひつまぶし定食」は、うなぎのかば焼きと錦糸玉子をごはんにのせ、醤油とみりんに深いコクがある甘みのザラメを加えた“特製だれ”と、お茶漬け用のかつおベースの“白だし”を添えている。はじめに、特製だれをかけてうなぎを味わい、薬味のねぎとわさびで味の変化を楽しみ、最後に白だしをかけて、だし茶漬けとして食べるなど、好みの食べ方でうなぎを楽しめる。また、香ばしくふっくらとしたうなぎを蒲焼で味わう「うなぎの蒲焼定食」1,290円、うなぎを1.5倍に増量した「特うなぎの蒲焼食」1,590円も同時発売する。

「冷汁ととり天の定食」は、豆腐ときゅうり、氷の入った冷たい味噌仕立ての宮崎郷土料理“冷汁”に、ごはんや別添えのアジの塩焼きをほぐし入れると、暑い夏の食欲がない時でも冷たくさっぱりと食べられるという。本醸造醤油とにんにく、生姜でしっかりと下味をつけた鶏もも肉に衣をつけて揚げる“とり天”とセットになった定食。この冷汁は、単品の「冷汁(単品)」280円でも注文することができる。また、他の定食のみそ汁をプラス180円で冷汁に変更することも可能。

やよい軒は「冷汁ととり天の定食」の発売に合わせ、6月2日から6月12日までの期間中、「やよい軒オリジナル冷感タオル」が50人に、Wチャンスでやよい軒の「お食事券1,000円分」が50人に当たるTwitterキャンペーンを実施する。やよい軒の公式Twitter(@yayoiken_com)をフォロー&リツイートすることで応募できる。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/05/2020-0528-1619-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp