令和2年4月の酒類輸入通関、ビール・ワイン共に2ケタ減でトータル13%減


令和2年4月の酒類輸入通関実績/財務省

令和2年4月の酒類輸入通関実績/財務省

財務省が発表した4月の酒類輸入通関実績によると、酒類合計の数量は13%減だった。ビールは単月で22%減、累計では前月の12%増から減少に転じた。新ジャンルも韓国のマイナスを受けて10%減。

ボトルワインはフランス以外の上位国がすべて数字を落とし、単月で15%減となった。世界的パンデミックの広がりで、物流や需要など、さまざまな方面に影響が及んだとみられる。

好調が続いたスパークリングワインも単月・累計共に2ケタ減となった。

ウイスキーは1月に前年割れ、2月は微増、3月は2ケタ増だったが、4月はまた8%減。

スピリッツでは、ラムが単月で41%増、ウォッカが22%増になったが、ジンは41%減、リキュールも14%減で、累計ではラム以外の蒸留酒がすべて前年割れ。

ワインは仏以外の上位国がマイナスに、ビールはメキシコが大幅増

ワインはフランスが14%増となったものの、好調が続いていた累計トップのチリが43%減となり、累計でも上位国すべてが前年割れとなった。

ウイスキーは、英国積みが2ケタ減、米国積みは微減。累計でも今年は4カ月連続で前年割れが続いている。

ビールは、累計でトップのアメリカが単月で42%減。一方、累計2位のメキシコが単月で59%増となり、累計でも48%の大幅増。2カ月連続で単月3位だった韓国は、ランク外。イベントや料飲店需要が圧倒的なベルギーとドイツも、コロナウイルス禍の影響を受けて、前年から半減した。

新ジャンルは、トップの韓国が9%減。2位ベトナムは2ケタ減も累計では13%増。

〈酒類飲料日報2020年5月29日付〉

酒類輸入通関実績

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/05/2020-0529-1518-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp