〈冷食日報店頭調査〉首都圏・関西圏スーパー35店舗店頭配荷率、トップはニチレイフーズ「極上ヒレカツ」/2020年春新商品


今春発売の家庭用冷凍食品店頭取扱上位品(調査対象:首都圏・関西圏のスーパー35店舗)

2020年春発売の家庭用冷凍食品店頭取扱上位品(調査対象:首都圏・関西圏のスーパー35店舗)

冷食日報編集部は、2020年4月下旬から5月中旬にかけて、主要スーパーの首都圏25店舗・関西圏10店舗で、家庭用冷凍食品の今春新商品について店頭取扱状況(配荷率)を調査した。

今春発売された主要メーカー20社149品(リニューアル品除く、一部期中発売品含む)を対象とした。その結果、今春新商品の配荷率1位にはニチレイフーズの「極上ヒレカツ」が立った(調査は店頭目視のため、在庫切れなどで調査漏れがある可能性がある)。

今春新商品の店頭配荷状況を見ると、全149品の総配荷点数は773点で、昨春の738点、昨秋の745点を上回った。近年の配荷点数は減少傾向から下げ止まり感が出てきている。

内訳は、首都圏25店舗の総配荷点数は553点と、前年同期の592点から減少した(17年秋527点、18年春561点、18年秋533点、19年春592点、19年秋514点)。

一方、関西圏10店舗の総配荷点数は220点と、前年同期の146点から増加した(17年秋123点、18年春141点、18年秋117点、19年春146点、19年秋231点)。

2割以上の店舗に配荷された商品は47品(17年秋35品、18年春48品、18年秋36品、19年春43品、19年秋41品)。

さらに3割以上の店舗に配荷された商品は21品(17年秋15品、18年春16品、18年秋14品、19年春21品)と、ともに前年同期を上回った。

総配荷点数や、2割以上の配荷商品は、パスタの人気シリーズが刷新されるタイミングで増加する傾向があり、今春もそれに当たっていると言えそうだ。

表に今回の調査における配荷率同率26位までの32品をまとめた。

商品別の配荷率は、ニチレイフーズの「極上ヒレカツ」が85.7%と高数値で、2位以下に大きな差をつけて首位となった。冷食のおかず(食卓品)商品では、唐揚げが飽和状態にある中で、高品位な「ヒレカツ」を提案したことが支持を集めたと見られる。

2位には味の素冷凍食品「塩麹レモンからあげ」、テーブルマーク「【お皿がいらない】ジャージャー麺」、ニチレイフーズ「なんこつ入り鶏つくね」が、配荷率45.7%で並んだ。

「塩麹レモンからあげ」は、若鶏のむね肉を塩麹に漬け込みやわらかくし、レモン果汁をかけてさっぱりとした味に仕上げている。人気の唐揚げのバリエーションとして順当な支持。

「【お皿がいらない】ジャージャー麺」は、特に夏場に向けて、お湯を沸かさずレンジ調理だけでできるため、人気が上昇している汁なし中華麺に、トレー入りというさらなる簡便性を加えた商品。

「なんこつ入り鶏つくね」は肉はふわっと柔らかく、コリコリした軟骨とのコントラストが楽しめるのが特徴。同社の「手羽から」「ささみソースカツ」とも統一感のあるパッケージで、食卓のほかおつまみも意識したような仕立て。

5位には日清フーズ「【マ・マー 超もち生パスタ】濃厚ボロネーゼ】が配荷率42.9%で入った。同社冷凍生パスタの主力シリーズを刷新して新商品として発売したもので、特に生パスタで人気が高いボロネーゼタイプが順当に上位に入った。

〈冷食日報20205月29日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/05/2020-0529-1557-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp