〈需給俯瞰〉産地ごとに占う令和2年産米の行方 第2回作付意向、主食用米減少傾向の産地が増加


4月末現在の令和2年産米・都道府県別作付意向(第2回中間的取組状況)/農林水産省

4月末現在の令和2年産米・都道府県別作付意向(第2回中間的取組状況)/農林水産省

農林水産省は5月27日、4月末現在の令和2年産米・都道府県別作付意向(第2回中間的取組状況)をとりまとめ、公表した。

令和元年産実績と比べた主食用米の作付は、増加0県(前回2月末現在から変わらず)、前年並35県(前回は41県)、減少12県(同6県)で、減少傾向の産地が増えている点に注目だ。

前回からの主食用米の変化を県別に見ると、「前年並→減少」は青森・福島・千葉・和歌山・長崎・宮崎・沖縄の一方、兵庫のみ「減少→前年並」に転じている。戦略作物の増減は以下の通り(カッコ内は前回2月末現在の数字)。

▽備蓄米=増加16県(14県)、前年並7県(14県)、減少10県(5県)
▽加工用米=増加18県(18県)、前年並9県(20県)、減少17県(6県)
▽飼料用米=増加10県(13県)、前年並15県(22県)、減少20県(10県)
▽WCS(稲発酵粗飼料)用稲=増加16県(10県)、前年並11県(24県)、減少16県(9県)
▽米粉用米=増加21県(14県)、前年並9県(22県)、減少16県(10県)
▽新市場開拓用米(輸出用米など)=増加18県(22県)、前年並9県(9県)、減少9県(3県)
▽麦=増加20県(13県)、前年並13県(22県)、減少12県(10県)
▽大豆=増加17県(15県)、前年並13県(21県)、減少15県(9県)

〈米麦日報2020年5月28日〉

4月末現在の令和2年産米・都道府県別作付意向(第2回中間的取組状況)/農林水産省

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/05/2020-0528-1415-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp