子ども食堂・フードバンクに政府備蓄米を無償提供/農水省


子ども食堂等に対する政府備蓄米の無償交付

子ども食堂等に対する政府備蓄米の無償交付

農林水産省は5月26日、子ども食堂などに政府備蓄米を無償交付すると発表した。COVID-19(新型コロナウィルス肺炎)による休校措置で、子ども食堂などでの食事提供機会が増えたことに伴うもので、「学校給食用等政府備蓄米交付要領」を改正した。従来は学校給食会や学校法人が交付対象だったが、子ども食堂とフードバンクを加えている。

無償交付は「食育の一環として、ごはん食を推進することを目的とした場合」としており、前年より使用量を増やす上で、1施設あたり年60玄米kgまで「直近年産米」を交付する。

申請は、市町村の社会福祉協議会を通じて農水省穀物課まで。

〈米麦日報2020年5月27日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/05/2020-0527-1517-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp