富山県 ひとり親家庭に「お米券」、約5,100世帯に配布


サンプル

富山県庁はこのほど、県内のひとり親世帯に「お米券(全農『おこめギフト券』、全米販『全国共通おこめ券』)」を配布すると発表した。COVID-19(新型コロナウィルス肺炎)の影響による経済的負担を軽減するための施策で、石井隆一知事が5月19日の定例記者会見で明かした。

県内市町村と共同で、今年4月末時点での児童扶養手当受給者(=ひとり親家庭)を対象に、「お米券」20枚(8,800円分)と県知事・市町村長のメッセージを送付する。受給者からの申請は不要で、「準備が整った市町村から」送付を開始する。

全15市町村が実施した場合、対象は約5,100世帯、総事業費は6,000万円(県4,900万円、市町村1,100万円)にのぼる。また、県と市町村の負担割合は、おこめ券購入経費が県8割:市町村2割、事務費が県10割となっており、県の予算は予備費で対応するとしている。

〈米麦日報2020年5月27日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/05/2020-0527-1520-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp