テーブルマークグループの光陽、新建屋が完成し生産開始、トレー付き具付き麺・玉うどんの製造工場


光陽、新建屋が完成し生産開始

光陽、新建屋が完成し生産開始

テーブルマークの製造グループ会社である、光陽の新建屋が完成し、5月24日から稼働を開始した。光陽ではテーブルマークグループの冷凍玉麺や具付き麺を製造している。新建屋には旧建屋からラインを移設したほか、グループの国内工場からもラインを移設している。

光陽は1992年から冷凍麺を製造しており、近年需要の高まっている個食タイプのトレー付商品も製造している。主な生産品目は「お皿がいらない ジャージャー麺」「同 汁なし担々麺」「国産小麦 減塩だけどおいしいうどん 3食」。

テーブルマークは2017年からグループ会社を含めた国内既存工場を対象に、新工場棟の設立・ 新規ラインの導入、既存ラインの移設を進めている。持続的な利益成長の実現を図るため、より効率的な供給を可能とする生産体制を構築するのが目的だ。今回の光陽の新建屋もその一環となる。

新建屋を建設し、旧建屋の製造機能を移転した。他の工場からも1ライン移設したことで、光陽としては4ラインから5ラインに設備が増えたことになる。

食の安全、環境に配慮した新たな取り組みも導入している。

環境への取り組みとして、ボイラーに使用する燃料を重油から都市ガスへ切り替え、クリーンエネルギー化を推進、地球環境負荷低減を図った。燃料の切替えによるCO2排出量は、同社従来比で約30%削減を見込む。また製品を冷凍・保管する設備には、自然冷媒を使用した冷凍機を導入した。

食の安全への取り組みとして、新建屋では、更なるフードディフェンスの強化を図るため、新たに製造エリアへの出入口のセキュリティシステムとして虹彩認証を導入予定だ。虹彩認証の導入は魚沼水の郷工場と山本工場に続いて3例目となる。

光陽の吉岡勝也社長は新建屋の完成にあたり「今回の新建屋完成により、食の安全管理や環境負荷低減について大きな進化を図ることが出来た。今後もこの地より、安全かつ安心いただける商品を届け、引き続き冷凍麺市場のニーズに応えていく」とコメントしている。

光陽の概要

▽所在地:〒441-1202愛知県豊川市上長山町小南口原83
▽敷地面積:38,205平方メートル
▽建築面積:7,274平方メートル
▽延床面積:7,267平方メートル
▽構造:鉄骨造
▽製造品目:冷凍麺(うどん、ラーメン、スパゲティ)の製造・販売
▽従業員数:121人(2020年4月末現在)
▽取得認証:FSSC22000。

〈冷食日報2020年5月26日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/05/2020-0526-1626-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp