次期中計に向け徹底的な筋肉質化、SKUの削減に取り組む/Jオイルミルズ決算会見


J-オイルミルズ八馬社長

J-オイルミルズ八馬社長

J-オイルミルズは5月20日、都内で決算会見を開き、八馬史尚社長が20年度見通しと最終年度となる中期経営計画について説明した。20年度の重点施策として、需要が拡大している家庭用商品の収益力拡大とともに、コスト競争力の強化と筋肉質化を目指す中で、SKUの大幅な削減に取り組むことを明かした。

八馬社長は、「トップラインが伸びにくい環境を前提とすると、次の中計に向けた徹底的な筋肉質化の一年にしたい。その上で、SKUの削減は油脂で20%、油脂加工品で30%、スターチで40%と目標を掲げ、原料調達、生産、開発、販売に至るまで取り組み、事業全体のスリム化を行っていく。21年以降の中計には、よりスリムな形で臨みたい」と語った。

削減するSKUについてはリストアップしている最中だという。売上構成比の低い商品や、ラベルは異なるが中身は同じといった統合可能な商品など、さまざまなパターンがあるとし、それらを整理する考え。

八馬社長は、「20年度の環境下では売上の成長は期待できない。コストをどこまで下げられるか、これまでの常識のリミッターを外し、徹底的に効率化できる年にする。従来から問題意識を持っていたが、このようなチャレンジをするのはこのタイミングになる」と述べた。

中計に関して、成長戦略の「高付加価値品の拡大」については、「19年度の売上高は微増ながら粗利益は2ケタ増となった。粗利益率は28.7%と、ここ数年で大幅に向上した」と手ごたえを語った。オリーブ油や「長調得徳」、「J-OILPRO」の裾野が広がり、中食・外食のソリューションでは、品質・食感改良剤としてスターチの取り組みを進め、採用事例は前年度比で2倍増えたとした。

また、アジアでの展開として、「タイでスターチ事業を展開していたが、マレーシアでもマーガリン、ショートニング事業をスタートした。アセアンエリアで高品質のパンづくりに貢献する提案を行いたい」と展望を語った。

コロナ影響前提で減収増益予測、油脂は販売量減を製造コストなど削減でイーブンに

20年度について、売上高は10.2%減、営業利益は5.1%増と、新型コロナウイルスの影響の前提を定めた上で、減収増益を予測する。

家庭内で調理される機会が増えこともあり、食用油は3〜4月までベーシックからプレミアム系まですべての出荷増が続いているという。中でも、ごま油、オリーブ油などプレミアム系の伸び率が高いとしている。

油脂事業の家庭用の需要は4〜5月が10〜20%増、6月からは5〜10%増にスローダウンし、その状態が上期を通して続き、下期は0〜5%増を予測する。一方、業務用は4〜5月で、外食向けが40〜50%減、加工用が横ばいから微減を予測する。「外食向けは6〜9月と改善してくると想定しているが、10〜3月はいまの状態以上の影響がないことを前提にしても、20〜30%減の影響は残るだろう」と見通す。

営業利益については、「油脂は若干のマイナスだが、イーブンまで持っていきたい」と語った。油脂事業のうち、油脂コストは、原材料コストとミール販売のトータルで8.6億円のマイナスを想定する。「販売単価は若干(6.3億円)の上昇はあるが、販売量の減少は30.5億円を想定している。製品構成は家庭用中心に若干(5.8億円)改善してくることに加え、製造コスト(9.4億円)や物流費(8.8億円)、一般経費(8.2億円)も削減を図って前年並みを確保したい」とした。

油脂加工品は、原価償却の減少や、原料高騰についても代替を進めており、構造改革を徹底していくことでプラスに持っていくとした。

〈大豆油糧日報2020年5月22日〉

20年度セグメント業績予想

20年度セグメント業績予想

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/05/2020-0522-1052-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp