森永製菓の「糖質90%オフのど飴」が機能性表示食品に/消費者庁


消費者庁はこのほど、森永製菓(株)(太田栄二郎社長)が機能性表示食品として届け出ていた「糖質90%オフのど飴」を受理した。

機能性関与成分名は「イヌリン」。表示しようとする機能性は「本品にはイヌリンが含まれます。イヌリンは善玉菌として知られているビフィズス菌を増やすことで、おなかの調子を整えることが報告されています。本品は、腸内フローラを良好にし、おなかの調子を整えたい方に適した食品です」。届け出日は3月18日。製造者はライオン菓子(株)二本松工場(福島県二本松市)。

なお、イヌリンを使用した機能性表示食品の受理は37件目。他の食物繊維を使用した機能性表示食品では、難消化性デキストリン(375件)、大麦β-グルカン(25件)、アラビノキシラン(6件)などがある。

〈米麦日報2020年5月18日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/05/2020-0518-1136-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp