“テレワークだからこそ、改めて料理に向き合う”「料理リレー」でコミュニケーション活性化/キユーピー


キユーピー「#料理リレー」働くママに薦めたい、わが家の作り置き(by 入社15年目/女性社員Y.Y.)

キユーピー「#料理リレー」働くママに薦めたい、わが家の作り置き(by 入社15年目/女性社員Y.Y.)

キユーピーは、若手セールス社員が発起人となり、統合CRMプラットフォームを活用した「#料理リレー」を開始した。

テレワークが続く日々に活力を与え、コミュニケーションの活性化を図り、社内で生まれた“わくわく“した気持ちをこれからの仕事に繋げよう、という試み。ルールは、料理とともに「食」に関する情報を発信し、最低2名にバトンを渡す、バトンを渡された人は3日以内に発信する(ただし強制はしない)。

「#料理リレー」は、SNSを用いて人気料理家やシェフが、家庭でできるレシピをリレー方式で紹介するもので、外出自粛が続くなかで注目を集めている。

キユーピーは、社員による「#料理リレー」の一部を紹介している。

入社15年目の女性社員は、「働くママに薦めたい、わが家の作り置き」と題し、週に一度作る作り置き料理を紹介している。仕事復帰で家事と仕事の両立に悩んでいた際、子どものいる先輩社員のアドバイスで作り置きを始めたという。作り置きがあることで夕飯の準備は、作り置きの盛り付けと魚または肉を焼くだけで済むという。作り置きのポイントとして、無理に作らない(続けない)こと、作り置きの一品以上はキユーピー商品を使う(マヨネーズでポテトサラダ、マカロニサラダ、コールスローサラダ。ドレッシングでお浸し、等)ことを挙げている。

入社27年目の男性社員は、「王道ポテトサラダのアレンジ」と「コールスローサラダ」を紹介している。

「王道ポテトサラダのアレンジ」の配合は、「キユーピー ポテトサラダ教室」で紹介している「王道ポテトサラダ」と同じで、じゃがいもを皮付き、ハムをベーコンに変更、あらびきマスタードを加えている。おつまみに最適な大人ポテトサラダだという。※「キユーピー直伝!これぞ王道のつくりかた!(より)」

◆「キユーピー直伝!これぞ王道のつくりかた!」
https://www.kewpie.co.jp/potato/making/index.html

「コールスローサラダ」は、カット野菜の千切りキャベツを使うことで簡単にできる。白ワインビネガーがポイントだという。調味液は、マヨネーズ:オリーブオイル:白ワインビネガー=1:1:2、冷蔵庫で30分ほど置いて、味をなじませて仕上げている。

「#料理リレー」の発起人は東京の若手セールスの社員だったが、現在はベテラン管理職も巻き込んで、宮城や福岡、札幌までバトンの連鎖が広がっているという。

「もともと食に関心があって入社した人がほとんどですから、“ステイホーム”で家にいる時間が増えた今、改めて料理に向き合う時間も増えているようです。この動きの中で、考えたこと・気づいたことを、今後のメニュー提案にも繋げて行けたらと考えています。何かと不便を強いられる日々が続いていますが、こんなときだからこそ、自身や家族の“心と体の健康”を、食を通じて見つめ直すきっかけになればと思い、社内の動きですが発信することにしました。キユーピーは今後も、“ステイホーム”をポジティブに転換する工夫を発信していきます」(キユーピー)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2020/05/2020-0513-1421-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp