KFC「ポップコーンチキン」発売、“ケンタッキーのあの味”を一口サイズで/ケンタッキーフライドチキン


ケンタッキー「ポップコーンチキン」

ケンタッキー「ポップコーンチキン」

日本ケンタッキー・フライド・チキンは5月13日、「ポップコーンチキン」を全国のケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗(一部除く)で発売した。単品230円(以下税込価格)。数量限定でなくなり次第終了。

「ポップコーンチキン」は、一口サイズにカットした国内産鶏胸肉を、KFCの「オリジナルチキン」と同じカーネル・サンダース秘伝の11種類のハーブ&スパイスで味付けをした本格チキンメニュー。セット・ボックス・パックと同時に注文すると、1個200円で購入できる。また、「ポテトセット(390円、ポップコーンチキン・ポテト(S))」も販売する。

“ケンタッキーのあの味”を手軽に楽しめる。「ランチやディナーのサイドメニューとして、また一息入れるおやつタイムに、ぜひ「ポップコーンチキン」をお召し上がり下さい」(日本KFC)。

なお、ケンタッキーは新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の対象地域において、営業時間を原則20時までとしているほか、店内飲食やアルコール・店舗限定メニューの販売を中止にしている。一部店舗では臨時休業している場合もある。

また、感染症対策として、従業員の定期的な健康チェックや、手洗い・マスク着用の徹底、「3密」を避ける対応を行っている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/05/2020-0513-1149-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp