和食さと テイクアウト限定499円弁当をさらに100円引き399円に変更、牛うま煮丼は半額、季節の特選天丼は半額以下に


和食さと テイクアウト限定499円弁当をさらに100円引き399円に変更、牛うま煮丼は半額、季節の特選天丼は半額以下に

和食さとが弁当3品をさらに100円値引き

サトフードサービスが展開する和食ファミリーレストラン「和食さと」は、「初夏のお弁当祭り第3弾」キャンペーンとして、5月2日から各499円(以下、税別価格)の特別価格で販売開始した「牛うま煮丼」「季節の特選天丼」「豆御飯と唐揚げ弁当」のテイクアウトメニュー3品を、さらに100円値引いた各399円に変更した。販売期間は5月11日まで、各日11時から19時まで販売する。ただし、なくなり次第終了。

今回の「お弁当祭り」キャンペーンは「牛うま煮丼」の新登場を記念したもの。「牛うま煮丼」は、すき焼き用のジューシーな牛カルビ肉を赤ワイン入りの特製割り下で炊き上げたメニューで、通常価格798円。キャンペーン開始時点では499円で販売していたが、緊急事態宣言の延長を受け、さらに100円値引き。通常価格の半額に当たる399円に変更した。

「牛うま煮丼」の他には、旬の食材「桜海老」や「ほたるいか」などを使用した「季節の特選天丼」や、キャンペーン限定の特別メニュー「豆御飯と唐揚弁当」も399円で販売。「季節の特選天丼」は通常価格898円から499円引き、約56%オフの格安な価格設定となっている。

人気の一品メニュー「焼ぎょうざ」6個入り(通常238円)と、「たこ焼き」8個入り(通常398円)は、割り引き価格199円での提供を継続する。

なお、和食さとは、季節の和膳やしゃぶしゃぶ食べ放題「さとしゃぶ」などを販売する和食レストラン。「さとの味を おうちでも。」 をコンセプトに、お持ち帰り用のテイクアウトメニューを提供しているという。

サトフードサービスは「新型コロナウィルスの影響により外出を控え、日々の食生活においても多様な対応が迫られる中、和食さとではテイクアウト商品をお値打ち価格でご提供し、より多くのお客さまが豊かで楽しい食生活をお過ごしいただければと考えています」「食材等 十分にご用意しておりますが、万が一品切れの場合はご容赦ください」などとしている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/05/2020-0508-1000-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp