ローソン、臨時休業の「道の駅」の産直野菜を販売、横浜・川崎の5店舖で開始、拡大も検討


ローソンが横浜・川崎の5店舗で臨時休業の「道の駅」の産直野菜を販売

ローソンが横浜・川崎の5店舗で臨時休業の「道の駅」の産直野菜を販売

ローソンは、緊急事態宣言で外出自粛が進む中、ゴールデンウィーク期間中の臨時休業を決めた「道の駅ましこ」(所在地=栃木県芳賀郡益子町)で販売する予定だった産直野菜を、5月4日から7日までの4日間、横浜市内および川崎市内のローソン5店舗で販売している。

これは、ゴールデンウィーク期間中の販売に向けて作付していた青果物を、ローソンの一部店舗で販売することで、 農家の支援につなげるとともに、ゴールデンウィークに出掛けられない人々に、少しでも旅行気分を味わってもらうことを目指した取り組み。

さらに、外出自粛要請の影響を受けて利用者が減少している高速路線バスを活用することで、バス運営会社の支援にもつなげるねらいもある。ローソンは、今回販売する商品について、「“道の駅ましこ”でゴールデンウィーク期間中に販売される予定だった益子町産のとちおとめやロメインレタスなどの青果物約10種類を販売します。益子町から都心へ運行する高速バスで、収穫した新鮮な野菜をその日のうちに店舗に届けることができ、お客様にとっては現地に行かなくてもお近くのローソンでご購入いただけます」とする。 

今回の取り組みは、アップクオリティ社の運用する、都内へ向かう高速バスで産地品を運ぶ貨客混載「バスあいのり」のスキームを活用。ローソンは、「今回は5店舗での展開となりますが、今後はお客様の反応や期間中の販売実績を検証し、“道の駅”の商品を店舗へ届ける仕組みの拡大を検討します」としている。 

【商品取扱い店舗】
▽ローソン鶴見水道道店
▽ローソン横浜馬場三丁目店
▽ローソン鶴見上末吉五丁目店
▽ローソン川崎小倉下町店
▽ローソン川崎木月二丁目店

【取扱い商品】(税込価格) 
〈益子町産〉ナス(ハウス栽培)270g 249円
〈益子町産〉ピーマン 3~5個 249円
〈益子町産〉ロメインレタス 1袋 249円
〈益子町産〉新たまねぎ 4個 399円
〈益子町産〉青パパイヤ 1個 399円
〈真岡市産〉ミニトマト 250g 399円
〈桜川市産〉しいたけ 250g 399円
〈真岡市産〉アスパラガス 160g 399円
〈益子町産〉とちおとめ 250g 399円
〈栃木県産〉おまかせ野菜ボックス(鶴見上末吉五丁目店のみ、数量限定販売)2,980円

ローソン5店舗で販売している産直野菜

ローソン5店舗で販売している産直野菜

 
なお、道の駅ましこは、5月7日から営業を再開。11日までは9時から16時までの時間短縮営業で、物販は食料品(農産物・加工品・惣菜等)のみ販売する。12日は館内メンテナンスのため休業し、13日からは通常営業を開始予定。通常営業再開後も、レストランの席の間隔をあけるなど、引き続き感染防止対策を講じた上で営業を行う。宿泊施設「ましこ悠和館」は5月末まで休館予定。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/05/2020-0507-1108-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp