長野地域のデリバリー・テイクアウト注文サイト「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」スタート


デリバリー・テイクアウト注文サイト「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」

デリバリー・テイクアウト注文サイト「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」

長野駅前飲食店を中心とした民間任意団体「ALL NAGANO PROJECT」は、株式会社ライフシードと連携し、アプリでデリバリー・テイクアウト注文できるサービス「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」をスタートする。5月初旬にトライアル運営の開始、事前利用申込の受付開始を予定。

「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」は、一般社団法人21世紀ニュービジネス協議会と一般社団法人長野ITコラボレーションプラットフォームの後援を受け、実施するもの。世界中で感染が拡大しているCOVID-19による営業自粛が続く地域の飲食店を支援するため、4月16日にプロジェクトを発足。

「ONE NAGANO EATS」のWEBアプリ上で商品の注文・クレジットカード決済をし、購入者がデリバリーを選択した場合、エリア限定でデリバリー事業者が飲食店の代わりに配達を代行する。利用客の配達手数料は300円(税別)。店舗負担となるシステム運営手数料は、当面の間無料とする。デリバリー利用時の配達手数料500円(税別)と5%の決済手数料のみ掛かる。購入者が決済の際に、お店支援費として“チップ”を設定する機能もある。

「ONE NAGANO EATS」WEBアプリ画面

「ONE NAGANO EATS」WEBアプリ画面

開発の経緯として、「感染症や災害などによる飲食店の売上減少は今後も起き得ることであり、新たな店舗運営の形を模索していく必要があると考える。大手のデリバリー・テイクアウトシステムでは、通常時だとシステム利用料や配達手数料が非常に高く、飲食店または購入者の負担になる。また人口の少ない地方では、個々の登録者が配達を行うことは現実的ではなく、地方にあったシステムが必要と考えた」としている。
 
〈デリバリー・テイクアウト注文アプリ「ONE NAGANO EATS」概要

▽機能
・クレジットカード決済
・お店支援機能(10% 20% 30% また直接入力で加算して支払える)
・テイクアウト、デリバリー、両方 選択機能
・デリバリー最低金額設定
・予約注文機能
・メニュー登録・編集
・営業時間・休憩時間・休日設定 調理時間設定
・オーダー平均化機能(30分以内の最大注文数を設定し、いっぱいになるとその時間枠は表示されない)
・LINE公式アカウントから検索・注文機能(開発中)
 
▽デリバリー事業者について
現在調整中のデリバリー事業者のエリアは、下記のとおり。
・デリバリー事業者を利用できる店舗:長野駅前半径1kmにある店舗
・デリバリー可能エリア:長野駅前半径2km
 
※提携するデリバリー事業者以外にも、店舗側が用意した配達パートナーを利用することも可能。
 
▽費用
◆購入者
メニューの金額(消費税8%)、デリバリーを選択した場合、配達手数料300円
 
◆店舗
・システム運営費:当面無料
・決済手数料:5%
・店舗への入金:14日に1度入金 送金手数料350円
・デリバリー事業者を選択した場合:配達手数料500円
※配達手数料は消費税10%が加算される。
 
▽「ONE NAGANO EATS(ワンナガノイーツ)」店舗事前申し込み受付
http://www.onenagano.org/

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/05/2020-0501-1549-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp