日本コカ・コーラ、手指消毒用アルコールを無償提供、医療機関向けに


日本コカ・コーラ、手指消毒用アルコールを無償提供

日本コカ・コーラが提供する「エタノール製剤」

日本コカ・コーラは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、守山工場(滋賀県守山市)において、手指消毒用のアルコールとして使用できるエタノール製剤を製造し、公的団体を通じて医療機関、またその他必要とされる団体などに無償で提供する。

日本コカ・コーラの守山工場は平常時、製品の原液などを製造しているが、昨今の消毒用アルコールの供給不足と、厚生労働省の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について(改定)」(4月10日付)を受け、守山工場の人員・設備を活用したエタノール製剤の製造を決定したという。

消毒用アルコール不足への対応では、酒造メーカーで高濃度アルコールなどを製造する取り組みが広がっているが、今回、日本コカ・コーラが製造を予定しているのは、食品添加物製造許可のもとで製造できる「エタノール製剤」である。

「エタノール製剤」は、食品添加物製剤で、発酵アルコールをベースに静菌効果のある有機酸、アミノ酸などの添加物を配合したもの。守山工場は食品添加物製造許可を取得しており、今回のような製造が可能となった。エタノール製剤は、手指消毒用に転用することができるという。

日本コカ・コーラは、「日本のコカ・コーラシステムは、日常生活に必要不可欠な飲料を製造販売する企業群として、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、お客様、従業員、お取引先様の健康の確保に必要な措置を講じながら、安心・安全な製品の安定供給に努めております。引き続きその責任を果たしながら、“Refresh the World. Make a Difference. (世界中をうるおし、さわやかさを提供すること。前向きな変化をもたらすこと。)”の事業目的にのっとり、地域社会にとって必要とされる支援を継続的に検討・提供してまいります」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/05/2020-0430-1343-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp