【需給俯瞰】令和元年産水稲品種別作付割合、ベスト10割合8年連続低下/米穀機構調べ


令和元年産うるち米の品種別作付割合上位20(確定値)

令和元年産うるち米の品種別作付割合上位20(確定値)

米穀機構はこのほど、令和元年産水稲の品種別作付動向を公表した。ベスト10品種は順位の入れ替わりこそあるものの、顔ぶれに変化がない。ただしベスト10品種シェアは1.1ポイント下がっている。ベスト10品種シェアが下がるのは8年連続。分散化が進んでいると言える。ベスト11~20品種も、顔ぶれに変化がないと思いきや、唯一、「天のつぶ」が19位(前年産21位)にランクインしている。代わって「ハツシモ」(前年産20位)が脱落した。

この調査は道府県行政への聞き取りに基づくもの。平成28年産までは7月頃に速報値を公表し、翌年3月末頃に確定値を公表するパターンだったが、「需給に予断を与えるのを避けたい」との理由から、平成29年産からは確定値のみの公表に切り替えている。

〈米麦日報2020年4月30日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/04/2020-0430-1015-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp