タリーズコーヒーが550店舗を臨時休業、新型コロナウイルス感染拡大防止で


タリーズコーヒー「新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとお知らせ」(一部抜粋)

タリーズコーヒー「新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとお知らせ」(一部抜粋)

タリーズコーヒーは4月27日、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとして、約550店舗を臨時休業すると発表した。

都道府県別の休業店舗数は以下の通り。

タリーズコーヒー臨時休業店舗数 都道府県別内訳

北海道11店、青森県3店、宮城県5店、山形県1店、福島県1店、茨城県6店、栃木県2店、群馬県3店、埼玉県34店、千葉県32店、東京都200店、神奈川県66店、石川県1店、山梨県2店、長野県6店、岐阜県3店、静岡県18店、愛知県21店、三重県2店、滋賀県1店、京都府12店、大阪府53店、兵庫県15店、奈良県2店、和歌山県3店、島根県1店、岡山県2店、広島県4店、山口県1店、香川県1店、愛媛県1店、福岡県18店、佐賀県1店、長崎県1店、熊本県4店、大分県1店、宮崎県2店、沖縄県2店。

同社では、「お客様と店舗フェロー(従業員)の安全を考慮した感染防止対策のほか、政府や自治体からの指針などの最新情報に注視し、対応して参ります」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0428-1354-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp