ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止、新型コロナ感染拡大予防で


ローソンがトイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止(画像はイメージ)

ローソンがトイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止(画像はイメージ)

ローソンは4月28日、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、本部として店舗でのトイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止する方針を決定した。同社サイトでは、“感染予防の為のお客様へのお願い”として、これらサービスの一時休止の案内を行っている。

同社は、「安全に商品を販売する事が私たちの最大の役割と考え、これを維持していく為、お客様には大変なご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願い致します」としている。

サービス休止の案内は、店頭でポスターおよびPOPなどで周知する。各サービスの清掃は、現在店舗の従業員が行っている。清掃後には手洗い・消毒を徹底しているが、このサービスを休止することで、「お客様だけでなく従業員の安全にも繋がる取り組みとなります」(ローソン)という。

また、“人との接触を少しでも減らしたい”と、買い物客から「セルフレジ」の要望が多数寄せられていることから、全店舗で設置済みのセルフレジの活用をさらに加速する考え。

休止するサービス〉(ローソンによる説明)
▽トイレのご使用
ご使用の際に、「入口の扉」・「便座」・「トイレットペーパー」・「洗面台」等、接触箇所が多く、密閉された狭い空間であり、感染リスクが高い場所と言われています。

▽ゴミ箱のご使用
飲食された後の割り箸や容器、使用済みのマスクやティッシュペーパーなど、口や鼻に触れたもの等がゴミとして集積されます。

▽灰皿のご使用
本来、店頭の灰皿は吸殻を捨てていただく目的で設置していますが、そこで喫煙される方もいらっしゃり、お客様から不安の声も寄せられています。

ローソンの店舗では、利用者が安全に買い物できるように、「ご来店時間の分散」や「ご来店時の距離の分離」のお願いとともに、レジカウンターへのビニールシート設置、従業員のマスク着用、アルコール消毒液の設置などによる「ウイルス飛沫防止」の取り組みを行っている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/04/2020-0428-1313-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp