松屋、テイクアウト限定「牛めし(並)300円」「オリジナルカレー大復活」開催、「おかず単品15~25%オフ」「定食ライス大盛無料」も継続


松屋 テイクアウト限定「牛めし(並)300円」「オリジナルカレー大復活」キャンペーン

松屋 テイクアウト限定「牛めし(並)300円」「オリジナルカレー大復活」キャンペーン

松屋フーズが運営する牛丼チェーン「松屋」は、4月28日午後3時から、テイクアウト限定で「牛めし(並)300円」「オリジナルカレー大復活」キャンペーンを、一部を除く全国の店舗で開催する。

「牛めし(並)300円」キャンペーンは、テイクアウト限定で、各サイズの「プレミアム牛めし」を80円引き(以下、税込価格)で提供するもの。「プレミアム牛めし(並)」は通常価格380円が300円となる。プレミアム牛めし未販売店舗の「牛めし」は各サイズ20円引きで、「牛めし(並)」は通常320円のところ300円での提供となる。このキャンペーンは予告なく終了する。

「オリジナルカレー大復活」キャンペーンは、テイクアウト限定で「オリジナルカレー」(並=390円、大=490円)を復刻発売するもの。「オリジナルカレー」は、2019年12月にカレーメニューのリニューアルに伴い終売した商品。販売終了は松屋の公式Twitterアカウントで最初にアナウンスされ、多くのファンから別れを惜しむ声が続々とあがっていた。販売期間は5月12日午前10時まで。

また、現在開催中のテイクアウト限定キャンペーン「おかず単品15~25%オフ」「定食ライス大盛無料」も継続し、さらに、松屋の弁当WEB予約サイト「松弁ネット」では、新規登録で300ポイントのプレゼントや、注文ごとに10%のポイント還元を還元するキャンペーンを期間限定で実施している。

〈関連記事〉松屋、テイクアウト限定“おかず単品弁当15%~25%オフ”キャンペーン、「ご飯があれば松屋のおかず」
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0415-1057-14.html

なお、松屋では、新型コロナウイルス感染症の拡大と、それに伴う政府の緊急事態宣言発令を受け、一部店舗の深夜時間帯閉店を実施している。営業中の店舗では、利用客と従業員の安全を守るため、以下の取り組みを行っている。
・各店舗へのアルコールの設置
・従業員の健康チェックと手洗いの徹底
・店内消毒の徹底
・マスクの着用

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0427-1414-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp