新型コロナウィルスで貿易制限措置をとらないようWTO23有志加盟国が共同声明発出/農林水産省


サンプル

農林水産省は4月23日、「日本を含むWTO(世界貿易機構)の23の有志加盟国・地域が22日、COVID-19(新型コロナウィルス肺炎)に伴い農産物に対する貿易制限措置をとらないよう、各国に呼びかける共同声明を発出した」ことを明らかにした。

共同声明の主な内容は以下の通り。
〈1〉食料安全保障のため農産物・資材の流通確保
〈2〉農産物への輸出規制の不可、農産物・資材への不当な貿易障壁の回避
〈3〉WTOのルールに基づく真に必要な一時的な措置とすることの徹底
〈4〉貿易措置のWTOへの迅速な通知、加盟国によるレビュー(検証)の機会
〈5〉農産物のサプライチェーンに関する最新情報の提供、国際機関による影響分析の取組みへの支持
――など。

23の有志加盟国・地域は以下の通り。オーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、EU、香港、日本、韓国、マラウイ、メキシコ、ニュージーランド、パラグアイ、ペルー、カタール、シンガポール、スイス、台湾、ウクライナ、イギリス、アメリカ、ウルグアイ。

〈米麦日報2020年4月24日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/04/2020-0424-1101-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp