イノセントが“まんま、飲むフルーツ”商品の販売エリアを拡大、ヨーロッパナンバーワンのチルド果汁ドリンクカンパニーが次の一手


イノセント「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「やんちゃなキウイ」

イノセント「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「やんちゃなキウイ」

「やんちゃなキウイ」が新登場

ヨーロッパナンバーワンのチルド果汁ドリンクカンパニー「イノセント」の日本法人であるイノセントジャパン合同会社は、“まんま、飲むフルーツ”の「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「やんちゃなキウイ」(各235mlPET/税別277円)を、4月28日から関東地域で、5月5日から全国に販売エリアを拡大して発売する。

3商品は果汁100%で、濃縮還元果汁を不使用。甘味料、合成着色料、増粘剤も使用していないことが特徴。1本にフルーツ200g以上が入っている。ナチュラル志向でヘルシー、そしてポップな商品名が特徴だ。

新登場するのは「やんちゃなキウイ」。キウイ、りんご、パイナップル、ぶどう、ライムの果物が入っているという。100mlあたり47kcal(同社推定値)。

イノセントジャパンは、2019年7月の日本上陸以来、若者を中心にファンを増やしている。今回から新しい戦略として、展開エリア拡大を全国に拡大するとともに、販売価格を税別298円から税別277円に変更し、買いやすい価格とした。

さらに、これまでは果汁・野菜汁100%の「ゴージャスグリーン」を展開していたが、新商品の「やんちゃなキウイ」に販売アイテムを変更することで、全アイテムが果汁ドリンクとなる。

多くの日本人はフルーツ摂取頻度が低いことから、さまざまなシーンで手軽にフルーツを取り入れられるようにし、毎日を健康で楽しく過ごしてもらう考えだ。

「健康意識の高い人ほどフルーツを摂取」、日本人のフルーツ習慣を調査

イノセントジャパンは、このほど日本人のフルーツ習慣の調査を行い、20~40代の半数以上はフルーツ摂取頻度が週に1回以下で、約8割が1日のフルーツ摂取目安の200gを知らず、また摂れていないことがわかったことを明らかにした。

フルーツの摂取頻度(イノセントジャパン調査)

フルーツの摂取頻度(イノセントジャパン調査)

これは、フルーツ摂取の推進を目的に調査したもので、働く20~40代の男女400名と、健康・美容意識が高い人など150名(栄養士50名、スポーツ選手50名、モデル50名)を対象に、フルーツの摂取シーンや頻度をインターネット調査で調べたもの。(調査時期は2020年2月下旬)。
 
フルーツ摂取に関する今回の調査では、厚生労働省・農林水産省が1日200g以上のフルーツ摂取を推奨しているものの、働く20~40代の男女400名のうち、その事実を86.5%が知らず、また約8割(79.5%)が摂取目安に到達していないという。
 
また、毎日の摂取が推奨されている中で、半数以上(53.8%)がフルーツを「週に1回以下」しか食べておらず、全く食べていない人も23.5%いる状況だ。
 
フルーツを摂らない理由のトップ3は、「値段が高いから」(49.6%)、「食べるまでの処理が面倒」(46.5%)、「食べる習慣がない」(38.2%)。
 
また、「週3回以上」フルーツを摂取している人の割合は、一般人では37.8%だったが、健康・美容意識の高い人たちでは多い結果となり、栄養士では66%、スポーツ選手とモデルはそれぞれ62%という結果になったという。
 
イノセントジャパンでは、日本人のフルーツ摂取不足の現状を受けて、フルーツ摂取を呼びかけるオリジナルムービー「フルーツニュース」を公開している。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/04/2020-0423-1612-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp