なか卯「うな重」「特うな重」登場、こだわりのタレで3度つけ焼き、テイクアウトも


なか卯「うな重」「特うな重」

なか卯「うな重」「特うな重」

丼ぶりと京風うどんの「なか卯」は4月23日、「うな重」(税込850円)、「特うな重」(税込1,250円)の販売を開始した。8月末までの期間限定、テイクアウト(持ち帰り)可能。

「うな重」で使っているうなぎは、じっくりと焼いて蒸し上げたあと、こだわりのタレでつけ焼きを3度繰り返し、香ばしくふっくらとした食感に仕上げた蒲焼。なか卯のこだわり卵で作った錦糸卵を添え、彩り鮮やか仕上げた。特製の京風山椒付き。「特うな重」には、贅沢にうなぎを2枚乗せている。

なお、なか卯は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、店舗により営業時間の短縮や、夜間の店内飲食の中止などを実施している(詳細は店舗ごとに店頭で告知)。また、自治体からの要請により酒類販売の中止、座席間の確保なども行っている。

なか卯は、「ご利用のお客様にはご不便をおかけし、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0423-1340-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp