丸亀製麺、“毎年好評”の「うま辛担々うどん」「牛とろ玉うどん」が2020年も登場


丸亀製麺「うま辛担々うどん」

丸亀製麺「うま辛担々うどん」

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は4月23日、「うま辛担々うどん」(並=税込670円)「牛とろ玉うどん」(並=税込690円)を、全国の店舗で発売する。ともに“毎年好評”のメニューで、6月初旬までの期間限定で販売する。ただし、状況によって終了時期が店舗ごとに異なる場合がある。 

「うま辛担々うどん」は、人気の担々麺を和風アレンジした商品。丸亀製麺の打ち立て・生のもちもち麺によく絡むスープは、すべての店舗で毎日数時間おきにとる北海道産真昆布などを使った風味豊かな白だしをベースに、濃厚なごまペーストを加えることでコクのある“まろやかな”担々スープに仕上げた。かつお粉を加えることで、麺をすする時にふわっと和を感じ、深い味わいを感じるという。スープをキリっとひきしめるラー油も特徴。具材は、醤油やしょうが、ニンニクが香る鶏豚そぼろに、彩りとしてほうれん草をトッピングしている。

丸亀製麺は「うま辛担々うどん」のおすすめの食べ方として、「もっとごまの風味を感じたい人はすりごまを、刺激を求めたい人は七味を、まろやかさを出したい人は温泉玉子を、サクサク食感を楽しみたい人には天かすのトッピングを」などと紹介している。

同日発売の「牛とろ玉うどん」は、もちもちとした弾力のある麺によく絡むように甘辛く煮込んだ牛肉とたまねぎ、とろろ、温泉玉子をのせた1杯でさまざまな味わいが楽しめる商品。特製の醤油ベースのタレで仕上げた牛肉と、牛肉の旨みと脂がしみこんだ深い甘味のたまねぎで相性よく仕上げた。

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」

 
いずれも、その日の気温や気分によって温かいうどん・冷たいうどんをそれぞれ楽しめるよう、温と冷を展開している。
 
なお、丸亀製麺では、新型コロナウイルス感染症の拡大と、それに伴う政府の緊急事態宣言発令などを受け、一部店舗で休業、それ以外のすべての店舗で営業時間の短縮(原則夜8時まで)を実施。また、一部メニューの販売中止を実施している。対象期間は5月6日までを予定。 
 

「丸亀製麺」新商品 税込価格〉
◆「うま辛担々うどん(温・冷)」
(並)670円、(大)780円、(得)890円
 
◆「牛とろ玉うどん(温・冷)」
(並)690円、(大)800円、(得)910円

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0422-1451-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp