「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」発売、グリコお墨付きの再現度/マクドナルド


「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」

「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」

日本マクドナルドは4月13日から、「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」を、全国のマクドナルド店舗で販売開始する。5月中旬までの期間限定。Sサイズ120円、Mサイズ200円(税込)。

「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」は、「江崎グリコ プッチンプリン」との初のコラボレーション商品。「マックシェイク」の特徴であるクリーミーでやさしい甘さを活かしながら、「プッチンプリン」のミルク感のあるプリンの味とカラメルの甘さを再現している。

また、「ちょい足しカラメルソース」付きの「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」も数量限定で販売する。ソースのパッケージを“プッチン”してカラメルソースをかけることで、自分好みの甘さで楽しめる。Sサイズ170円、Mサイズ250円(税込)。

「ちょい足しカラメルソース」

「ちょい足しカラメルソース」

Sサイズの容器は、「プッチンプリン」の世界観が溢れる数量限定オリジナルパッケージで提供する。「味わいだけではなく、見た目にもコラボレーションが満載の商品ですので、“マックシェイク”ファンの方はもちろん、“プッチンプリン”好きの方にも“FUN”なコラボレーションをお届け致します」(日本マクドナルド)。
 
日本マクドナルドは、「プッチンプリンのように、つまみを“プッチン”することは本商品では叶いませんが、味の再現性は江崎グリコ社のプッチンプリン担当者のお墨付きですので、ぜひその風味をマックシェイクでご堪能ください」としている。
 
また、販売に先立ち4月12日から、真木よう子さんが出演する新TV-CM「マックシェイク プッチンできないけど プッチンプリン篇」(15秒)を全国で放映する。ドライブスルーを訪れた真木よう子さんが、”プッチン”するツマミの無い「マックシェイク プッチンプリン」に思わず困惑する心情を、商品の味わいと共に描いている。
 
◆動画視聴(4月12日から)=「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」公式サイト
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/mcshake_pucchinpudding/

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0410-1622-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp