サンマルクカフェが7都府県を中心に臨時休業、緊急事態宣言で


サンマルクカフェ「新型コロナウイルス対策に伴う臨時休業のお知らせ」(公式サイトから)

サンマルクカフェ「新型コロナウイルス対策に伴う臨時休業のお知らせ」(公式サイトから)

カフェチェーン「サンマルクカフェ」は4月8日から5月6日まで、緊急事態宣言対象7都府県の店舗の大半を臨時休業する。

新型コロナウイルス感染症対策のため、4月7日に発令された緊急事態宣言を受け、決定したもの。緊急事態宣言の対象である東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県で、合計店舗数全体の9割を超える、251店舗で休業している。

7都府県の臨時休業店舗数の内訳は、
・東京都 103店舗(105店舗中)
・神奈川県 34店舗(36店舗中)
・千葉県 18店舗(24店舗中)
・埼玉県 25店舗(全店)
・大阪府 43店舗(45店舗中)
・兵庫県 19店舗(全店)
・福岡県 9店舗(12店舗中)

また、茨城県の「イーアスつくばSC店」も同期間休業。茨城県「イオンモール土浦店」と宮城県「ララガーデン長町店」は4月11日~12日、岡山県「岡山空港店」は4月11日~28日に臨時休業する。

上記店舗の休業予定は発表時点のもので、一部休業期間未定の店舗を含み、状況により休業期間を変更する場合がある。サンマルクカフェは、「平素より当社グループ店舗をご利用いただきまして、厚く御礼申し上げます。新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます」としている

なお、サンマルクカフェは新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、3月31日に有効期限を迎える予定だった「福袋(お楽しみ袋)チケット」と「還元祭第4弾チケット」を、6月30日まで期限延長している。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0410-1426-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp