緊急事態宣言対応、食品スーパーは営業継続、外食は休業も多く


食品小売業の対応方針

食品小売業の対応方針

4月7日の安倍晋三首相の緊急事態宣言発令や、それ以前の東京都による外出自粛要請を受け、食品小売企業や外食企業が対応を明らかにしている。宣言の対象となるのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、地域による差もあるようだ。下表に有力企業各社の対応をまとめた(4月8日午後時点の情報)。

食品スーパーは、ライフラインに直結する業態でもあり、宣言対象7都府県では営業時間の短縮など実施する企業も多いが、基本的には営業を継続する。また、下表にはリリース等で発表している企業のみを掲出しており、宣言対象地域内の企業でも、ロピア(神奈川)やトライアル(福岡)などは、特に営業時間短縮等のアナウンスをしていなかった。宣言対象地域外のイズミ(広島)、フジ(愛媛)、バロー(岐阜)などの企業は特に営業時間短縮など発表しておらず、ヨークベニマル(福島)、平和堂(滋賀)は、従業員の罹患者が出た店舗で一部休業はあるが、全体的な営業短縮等は発表していない。

また、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの大手CVS3社も罹患者が出た店舗で休業はあるが、原則としては通常営業を行っている。

一方、外食チェーンでは、営業時間短縮に留まらず、宣言対象7都府県の全店、または一部店舗の休業をアナウンスしている企業も多かった。

〈冷食日報2020年4月9日付〉

外食企業の対応方針

外食企業の対応方針

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2020/04/2020-0409-1539-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp