アメリカは都市封鎖で酒類販売額5割増、スピリッツは75%増に/ニールセン調査


サンプル

アメリカの市場調査会社ニールセン社によると、アメリカの酒類売上高はロックダウン後の3月15~21日、前年比55%増となった。

カテゴリー別伸び率のトップはジンやテキーラ、プレミックスカクテルを含むスピリッツで75%増、ワインも66%増、ビール42%増。さらにオンラインショップでは、ワインを含む酒類の売上が、前年比243%増と伸びを記録した。

ロックダウン下では「頻繁に買い物に行けない」という状況から、大容量ワインの需要が高まっており、3Lボックスワインは同時期136%増、5Lボックスワインは66%増。 同社は、「ロックダウン後の状況から今後の市場について語るのは難しい。失業などの経済的影響もここには反映されていないが、ワインの消費層はビールよりも所得が高い傾向にあるので、景気低迷の影響は受けにくいのでは」とみる。

ちなみに、同期間のスキャナーデータによると、8~11ドルのワイン販売量は44%増だが、15~20ドルは62%増、20~25ドルは75%増、25ドル以上のワインも61%増と、中・高価格帯のワインも好調に推移している。

なお、近年アメリカで大きなブームとなっているアルコール入り炭酸飲料「ハードセルツァー」は同週、456%増を記録した。

〈酒類飲料日報2020年4月7日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/04/2020-0407-1020-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp