「免疫力を高めると言われる食材」、納豆・ヨーグルト・味噌など発酵食品が人気/NEXER調査


どんな食材を取り入れていますか

インターネット調査「日本トレンドリサーチ」を運営するNEXER(東京都豊島区)はこのほど、「免疫力を高める食事」に関する調査を実施し、その結果を公開した。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、スーパーを中心に納豆やヨーグルトがよく売れている。今回、NEXERは「食事で免疫力を高める」ということについて、全国の人々がどのように考えているか調査した。調査期間は3月16日~18日、集計対象人数は1,224人。

「免疫力を高めると言われている食材を食事に取り入れているか」の質問に対しては、36.8%が「取り入れている」と回答した。さらに、どういう食材を取り入れているかを尋ねると、ヨーグルト(75.6%)、納豆(74.9%)、味噌(57.2%)の順で高く、発酵食品を食事に取り入れている人が多い傾向となった。「その他」と回答した人の中にも、キムチやチーズなどの発酵食品を積極的に取り入れているといった意見が多く見られたという。

〈大豆油糧日報2020年4月6日〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/04/2020-0406-1031-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp