2019年シャンパーニュ総売上高は3%増、フランス国内は不調


2019年シャンパーニュ輸出国データ

2019年シャンパーニュ輸出国データ

シャンパーニュ委員会はこのほど、2019年の総売上高が50億5,000万ユーロ(前年比3.4%増)に達したことを発表した。輸出が前年比7.1%増の30億ユーロで、フランス市場の減少(1.9%減)を相殺した。

フランスの構成比は総売上の40%。食品の値下げを制限するEgalim法の影響を受け、大型量販スーパーの減少が最大の損失となった。輸出は引き続き好調で、アメリカ、イギリス、日本3カ国の構成比が約50%を占める。

日本も数量で5.2%増、金額では11.2%増と大きく伸長した。EUは、ドイツとスイスで販売量が減少したものの、金額は増。オーストラリアは 2018年同様、為替レートの悪化で落ち込んだ。Brexit、アメリカの関税引き上げ、コロナウイルスなど、数々の不確定要素に直面した今、ヴィニュロンおよびメゾンはシャンパーニュの教育活動を強化する。また、アグロエコロジーの移行を促進しながら、シャンパーニュの価値向上に力を入れる。

〈酒類飲料日報2020年4月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/04/2020-0403-1647-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp