〈令和2年4月の需給展望 豚肉〉新型コロナウイルスで波乱含みの展開、後半は税抜き500円超えも、月平均460~470円前後か


サンプル

令和2年3月の国産豚肉の需給動向は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の動きから“買いだめ需要”もみられ、量販を中心に堅調な荷動きが続いた。一方、外食業態の落ち込みは激しく、厳しい環境が続いている。

そうしたなか、東京市場の平均相場は上物税抜き446円(税込み482円)と前年同月比で4円高となった。「春分の日」を含む3連休に向けて400円台後半までジリ上げとなり、その後は一時下げたものの、再び上昇。とくに、最終週は月末月初や決算月だったことに加え、都心部を中心に新型コロナウイルスによる都市封鎖の懸念など、不安感がさらに高まったことで、31日には税抜き506円、4月1日には同553円まで急騰した。

4月は例年、新学期が始まるほか、春の行楽需要などが見込まれるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で休校継続や、外出自粛の流れが続くものとみられ、大きな盛り上がりとなる見込みは薄い。また、外食業態やホテル関係などは依然として厳しい状況が続きそうだ。その半面、量販では買いだめによるストック需要から、日々の生活ベースでの消費が高まっており、当面は堅調な動きとなることが予想される。

新型コロナウイルスの収束が見えないなか、4月の需給動向は不透明感が強いものの、このまま500円台を維持することは考えにくく、4月の2週目からは400円台後半で推移するとみられる。しかし、後半にかけてはゴールデンウィーク(以下、GW)に向けた手当ての動きが強まるとみられ、再び上物税抜きで500円を超える展開もありそうだ。このため、月間平均(東京市場)では税抜きで460~470円と予想する。

〈供給動向〉
農水省が3月13日に発表した肉豚生産出荷予測によると、4月の肉豚出荷頭数は前年比4%減の134.3万頭と予測している。通常、夏にかけて出荷頭数が落ち込む時期ではあるが、今年はさらに前年を下回る見込みだ。農畜産業振興機構によると、4月のチルド豚肉の輸入量は前年同月比2.8%減の3万5,100tと予測されている。前年水準は下回るものの、3万t台の安定した輸入が続くことが予測され、国産の枝肉相場が高値で推移するなか、今後、輸入品へシフトしていく可能性もある。

〈需要見通し〉
4月は上述のとおり、学校給食の再開や春の行楽需要など、末端需要が好転する時期となる。しかし、新型コロナウイルスの影響で、一部では一斉休校がGW明けまで延長され、関東を中心に外出自粛の流れが続いていることから、スソ物やスペアリブなどの引合いは弱い。ただ、量販の好調はしばらくの間続くとみられ、ロース、カタロース、バラなどへの引き合いは強く、スポットでの問い合わせも増えているようだ。GW期間についても、このまま外出自粛が続けば、旅行や帰省などによる都市部の人口流出も減り、家庭内での消費が一層強まる可能性も考えられる。

〈価格見通し〉
4月1日~2日の東京市場の上物平均相場(税抜き)は531円となった。4月は例年、GW前に相場が急騰することが多いが、今年は都市封鎖など、さらなるパンデミックを懸念した買い付けや、週末の量販の品揃えを確保する動きなども見られ、新型コロナウイルスに大きく左右されることは間違いない。一方で、これまで上げ基調だった分、一転して急落する可能性も考えられ、波乱含みの展開となりそうだ。多くの不安定要素を抱えるが、出荷頭数や需要動向を踏まえると、月平均では上物税抜きで460~470円(税込み490~500円)と予測し、GWの手当てが始まる後半は同500円を超える展開もあるか。

〈畜産日報2020年4月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/04/2020-0403-1619-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp